波動を上げればお金が稼げるはウソ!?波動とお金の関係性とお金を稼ぐために必要な3つのこと

才科学者 アインシュタインは
この世の法則を科学で証明しようとしました。

この世には不変の法則、
宇宙の法則があると打ち立て
ひとつの公式を打ち立てました。

E=mc2

この公式は

エネルギー(E) =  物質(mc2)

と解いています。

「エネルギーは物質ですよ。」
「物質はエネルギーですよ。」
と言うことを言っているのです。

ん〜、どういう意味でしょうか?
もっとわかりやすく説明しますね。

E=mc2 という公式は
「この世のすべてものはエネルギーである」
ということを解いています。

「この世のすべてがエネルギー」とはどういうことなのか?
詳しくはこちらの記事で書いていますので確認してください。

↓ ↓ ↓

さて、この世のすべてが
エネルギー(波動)であるということは、
引き寄せの法則というものは
共振共鳴の法則で説明できます。

ラジオの周波数を合わせるように、
自分自身の波動を高めるということで
高い周波数を持った現実が引き寄せられるというものです。

この原理がわかっている人は、
自分自身の波動を上げようとします。

世の中の本質を理解している人は、
何かを実現する時に「行動」や「方法」よりも
「波動」「在り方」「存在」に重きを置きます。

・幸せでいる
・笑顔でいる
・肯定的である
・ポジティブである
・心を内観する
・感情を解放する

これらすべては、
波動を上げるために行われていることです。

「波動が高くなれば幸せになれる」
僕自身も信じて実践してきました。

で、幸せになったのか?

「はい。めちゃくちゃ幸せです。心は。」

僕はとても幸せなんですが、
ここに勘違いがあることに気が付きました。

それはこうです。

「波動を高めてもお金は稼げない」というものです。

ここを勘違いしている人が
多いのではないでしょうか?

まさに僕もそうでした。

僕は波動を高めさえすれば、
お金がドンドンと入ってくると思っていたんです。
しかし、ある法則を知った時に合点がついたんです。

この記事では、
波動が高いこととお金が稼げることは無関係であることを説明します。

そして、どうすれば幸せになりながらお金を稼ぐことができるのか?
お金を稼ぐにはどのようにすればいいのかを解説していきますね。

高い波動と低い波動を徹底解説

つい最近、東京に行った時の話です。

新宿南口にあるカフェに立ち寄りました。
内装はとても綺麗で照明は薄暗くリラックスできる空間でした。

カフェラテを飲みながらホッと一息ついているときに・・・
注文をしてくださった
女性スタッフの笑顔がとても印象的だったんです。

僕は
「あ〜、この人、スゴく波動が高いな〜」
と思ったんです。

このように、波動が高い状態というのは
「心地の良い状態」のことを指します。

言うならば、
愛や慈悲、悟りの状態を波動が高いと言います。

深く説明するならば
調和、統合されている状態のことです。
分け隔てを作らない状態が波動が高いのです。

逆に、波動が低い状態というのはどういうものでしょう?

先日、ある仕事場で数名でのミーティングがありました。
その時に、なぜか張り詰めた空気感だったんです。

人それぞれが心を開こうとせず、
苛立ちや嫌悪感を抱きながらその空間を共有していたのです。

このように、波動が低い状態というのは、
「心地が悪い状態」のことを指します。

恐怖や嫌悪感、憎悪や憎しみ
これらの状態は波動が低いです。
深く説明するならば、
分離されている状態のことです。

「わたしとあなたは違う」

「あなたを受け入れることができない」

これらは波動が低い状態です。

波動の高さは一言でいうと「素直さ」です。

心がオープンで、すべての物事を肯定的に捉え
前向きな在り方は波動が高いと言えるのです。

強い波動と弱い波動を徹底解説

スピリチュアルや精神世界を学び
人生を良くしたいと考えている人の多くは
波動の高さを気にします。

しかし、ここに大きな盲点があります。

その盲点とは、
波動には高さ、低さだけでなく
強さ、弱さが存在するということ
です。

多くの人が、波動の高低を意識しているのですが
強弱を意識している人は極めて少ないです。

しかし、波動の強弱こそが
現実世界を動かす鍵になってくるのです。

イメージしてください。

人とカフェでお話しているときです。

「この人は説得力があってスゴそうだな!」

一言一言に重みがあり初対面にも関わらず
ドンドンとあちらのペースに飲み込まれていきます。

これは、相手の波動の強さによって
こちらの波動が影響を受けた証拠です。

波動の高さは「素直さ」と言えますが
波動の強さとは「影響力」です。

あなたはこんな経験はありませんか?

同じ仕事をしていて同じことを言っているのに
Aさんの話はとても説得力があって納得できる。
Aさんは信用できるし、ついていこうと思う。

しかし、
Bさんの話はそれらしいことは言っているのだが違和感がある。
心からBさんについていきたいとは思わない。

同じことを言っているにも、違う結果になるのは
波動の強さの差、影響力の差なのです。

エネルギーには法則があります。

エネルギーは高いところから低いところへ流れる性質があります。
また、弱い波動は強い波動に影響を受ける性質もあるのです。

例えば、仕事場の人間関係に悩んでいる人はこうです。

仕事場の上司に萎縮してしまう場合
上司の強い波動に飲まれている結果なのです。

言いたいことが言えないというのは
波動が飲み込まれて、影響力を与えられない状態なのです。

現実を動かすためには強波動が必須条件だった!?

あなたは、
このようなことを感じたことはないですか?

「あの人、全然優しくないし愛もないのに、めちゃくちゃお金稼いでるやん。しかも、全然、不幸そうじゃないし。」

僕も、ずーっとこれが疑問だったんですよね。

波動が高くはないのにドンドンと現実を動かしていく。
波動が高くあれば(愛や優しさ)があれば、
現実は上手くいくと思っていたのに、現実は違う。

スピリチュアルな精神世界を勉強して
たどり着いたところは、波動(エネルギー)を高くすること。

そこから、あらゆる文献や
セミナー、ブログ、講座を通して波動を高めていったんです。

もちろん、幸せになりましたし心は豊かになりました。

しかし、現実的には経済的自立には程遠いですし
時間的自由にも程遠かったのです。

「どうすれば、現実を動かすことができるのか?」

その疑問は、波動には4つの種類があることを
理解したときに納得できたのです。

その4つとは

①高波動
②低波動
③強波動
④弱波動

要するに、現実を動かす力は①高波動ではなく
現実を動かす力は③強波動なのです。

①高波動と②低波動は「質」です。

これは、縦軸で見ていきます。

ビルをイメージしてください。
10階建てのビルがあった時に上にいくほど、高波動です。
高くなるほど、得られる「質」が変わってきます。

例えば、
2階と10階のお金稼ぎの話で例えます。

2階では、500万円が稼げる話が舞い込んできました。
それは、その話を持ちかけてきた人と自分は得しそうな内容です。

しかし、「世の中が良くなるのか?」
「地球が良くなるのか?」と言われるとNOです。

しかし、やれば500万は稼げるのです。

10階では、どのようにすれば
世の中がよくなるのかが議論されています。

その中で地球環境を良くする
プロジェクトが立ち上がりました。

その理念は、お客様良し、世の中良し、従業員よし、宇宙良し
と言った4方良し、すべての人が豊かになるというものです。

そのプロジェクトをすればするほど
多くの人が喜び、豊かになっていきます。

その結果、報酬として500万が入ってきました。

波動の高低とはこのようなものです。

実質的な得られる結果(目に見えるもの)は同じですが
付属の部分(目に見えない結果)には雲泥の差があるのです。

③強波動と④弱波動は「影響力」です。

これこそが、現実を動かす力なのです。

これは、横軸で見ていきます。

10階建てのビルであっても
横幅が短く、狭いと倒れてしまします。
ビルで例えるなら奥行きになってきます。

どれだけ高い波動を持っていても
波動が弱いと与える影響力は乏しくなります。

そのため、幸せにできる人の数も少なくなっていまします。

逆に、波動が低くても波動が強ければ、
より多くの人に影響を与えることができます。

エネルギーは強い波動は弱い波動を飲み込むことができますので
意思を操作することもカンタンです。

そのため、波動が低くても
波動が強ければカンタンに稼ぐことができるのです。

2020年に突入し
物質世界の豊かさに限界を迎えた人類は
精神世界へと投入し始めました。

10年前に比べ
スピリチュアルや精神世界を学ぶ人は増えました。

そんな学びをしている人は
「愛」を持っている人ばかりです。

しかし、その人たちが
たくさんのお金を持っているかというと
そうではないほうが多いように感じます。

その理由はお金が無くても
幸せな心、豊かな心を持っているからです。

僕自身もスピリチュアルや心の勉強を始めてから
何を所有しなくても心の幸せ、豊かさを実感できるようになりました。

高波動でいることは
とても幸せな心にしてくれます。

しかし、高波動だけでは
現実を動かす力が少ないことも知りました。

多くの人に影響を与えたり
より多くの情報を人に届けるためには
波動を強くする必要があることを知ったのです。

だから、十分に高い波動をお持ちのあなたの次のステージは
波動を強くして、多くの人に影響を与えることなのです。

幸せでありながら現実を動かす方法

ここまでお話で、どのようにすれば
幸せでありながら現実を動かすことができるのかが
理解できたと思います。

それは
①高波動でありながら③強波動であることです。

もちろん、
高波動が良くて、低波動が悪いワケではありません。

さまざまな側面からの見方がありますし
あなた自身がどのような人生で生きたいのかで決まってきます。

ただ、お金だけがあればいい!と思うのであれば
波動の高さは気にしなくても大丈夫です。

波動(エネルギー)の性質は
一長一短であることを忘れないでください。

では、
どのようにすれば①高波動になれるのか?
どのようにすれば③強波動になれるのか?

それらを小学3年生でも
わかるように説明していきますね。

波動を高める3ステップ

波動の高さは「素直さ」と言いました。

素直な人には、
共通点があるのはご存知でしょうか?

それは「感謝」です。

「感謝」を忘れない人で
素直でない人はいません。

波動の高さは
ただ「感謝」できているのかできていないかだけなのです。

しかし、「感謝しましょう!」と言われて
心から感謝するのは難しいと思います。

なぜなら、
人間には「慣れ」というものがあるからです。

例えば「生きていることに感謝してください。」
「ご飯を食べられることに感謝してください。」

と言われてもなかなか難しいですよね?

人間は「ない」ものを得られると感謝が湧いてきますが、
元から「ある」ものに感謝をすることは難しいです。

その性質を理解した上で
どんな時でも心から感謝できる方法を紹介します

STEP1:無いことをイメージする

日本は豊かな国です。

仕事が無くなったとしても、
どれだけ借金をしたとしても、
死ぬことはありません。

しかし、現在の日本は
「ある」ことが当たり前になって
「足りない」という欠乏感を生み出し
心の貧困を作り出しています。

その思考から脱却するためには
まず、「無いことをイメージすること」です。

例えば、今日食べるご飯です。

お金を払えば
当たり前のように出てきますよね?

しかし、それは
当たり前ではないのです。

日本にいるから当たり前と思いますが
世界からすれば3食を食べられる国なんてそうありません。

この時に、「あ〜、このご飯が無かったら・・・」
考えてみてください。

想像してみてください。
それでも当たり前と思えますか?

STEP2:与えられたものを理解する

僕たち人間は
無意識のループで人生を送っています。

しかし、すべて物事には意味があり
素晴らしいものを受け取っているのです。

例えば、恋人をイメージしてください。

付き合いたての時は
お互いが愛の表現をしていたのに
時間が経てば、ワクワクも無くなり
マンネリ化していく。

「どうでもいいや〜」って思ったりして
浮気や他の異性と遊んだり。

しかしです。

あなたは、その恋人から
何を与えられて、何を受け取っているかを理解していますか?

恋人は、存在しているだけで
「安心感」を与えてくれています。

それは意識しなくても
無意識の中では、「支えられている」という
セーフティーネットを作っていんです。

仕事、人間関係、食事など
本当の意味で、目に見えない部分で
与えられているものに気付いていください。

STEP3:想いに触れる

この世は「想い」でできています。

これは間違いありません。

例えば、このブログが見れる状態。
今は、誰もが普通にインターネットを使えるようになりました。

しかし、これを作った人は
どんな「想い」を持っていたでしょうか?

「あ〜、インターネット作ったら儲かるよな!」

こんな想いだったと思いますか?

そんな想いで
ここまでのモノを作ることはできません。

「インターネットを作ることで、世の中から情報格差をなくし誰もがどんなときでも活躍できる場所を作る。世界の国境をなくし、世界をひとつにする」

こんな想いが隠されているのではないでしょうか?

この世を支えているのは「想い」です。

さて、あなたはどんな想いで
両親から名前を付けられたでしょう?

両親になった立場で考えてみてください。

「名前なんて、何でも良いやろ〜」

こんな想いを持ちますか?

あなたが光り輝くために
あなたが特別な存在であるから
「想い」を込めて名前を付けるんです。

すべての行為には
「想い」が詰まっています。

すべての奥にある
「想い」に触れ得ることさえできれば
感謝が内側から湧き出てきますよ。

波動を強める3ステップ

波動が強くなると「影響力」がつきます。
影響力があれば多くの人を幸せにできます。

では、どうすれば
波動を強め、影響力を増すことができるのか?

それは「決断すること」です。

「影響力の強い人って誰?」と質問されると
どんな人が思い浮かびますか?

たぶん「経営者」と言うと思うんです。

会社を経営している社長や
多くの人を束ねる立場にある人って
影響力がありますよね?

なぜ、影響力があるかというと
「決断の数」がスゴいからです。

一般人の人は
なかなか決断する機会がありません。

「これで、人生が変わる」

というような決断は
なかなか少ないと思います。

しかし、経営者は
毎日、毎分、毎秒が決断です。

しかも、その決断に間違いがあれば
何百人もの従業員を路頭に迷わすことになります。
それだけ、責任と覚悟があるのです。

なぜ、決断をすれば波動が強くなるのか?

それは、丹田(第2チャクラ)が鍛えられるからです。

腹が据わる、腹をくくる

この言葉は、丹田のことを言っているのです。

昔の人がふんどしを履き
帯で腹を締めていたのは
丹田を引き締めるためなのです。

すべてに意味があるのです。

では、どのようにして
丹田を鍛え、波動を強くするのかを解説していきますね

STEP1:自分は何がしたいのかを決める

決断とは「決めて断つ」と書きます。

多くの人が、何かを選択し
得ようと考えますが、逆です。

決断とは捨てることです。

あなたは何を捨てますか?

従業員で働くというのは
「時間を捨てて」「お金を得る」ということです。

何を捨てるかです。

たくさんのモノを捨てていくと
あなたが何をしたいかが見えてきます。

あなたは本当は何がしたいのですか?
そのために不要なものって何がありますか?

STEP2:自分が何をしたいのかを口に出して言う

「はじめに言葉がありき」

聖書に記されている有名な言葉です。

この世は、言葉でできています。
昔の人も言霊(ことだま)を大切にしました。

想像のエネルギーが言葉にすることで
言霊のエネルギーに変わります。

そのエネルギーが創造のエネルギーに変わり
現実に物質化させるのです。

あなたは何を言葉にしていますか?

「しんどいな〜」

「めんどくさいな〜」

「退屈だな〜」

こんな言霊を発しているとそれが現象化します。

あなたがしたいことを言葉にしてください。
笑われるかも知れません。批判されるかも知れません。

しかし、それがやりたいと思っている
あなたがいることは事実です。

あなたが自分自身を信じないで
誰があなたを信じるのでしょうか?

STEP3:自分がしたいことを行動に移す

自分が決断したことを
少しずつ行動に移していくことです。

大切なことは
慌てないこと、焦らないことです。

「大きな結果を成し遂げるためにな小さな行動の積み重ねが必要」

この言葉をいったのはイチロー選手です。
すべては小さな行動の積み重ね。

これだけなのです。

自分が決めたことをコツコツと習慣にしていく。
すると、それが自信に繋がる。
その結果、決断能力が身につき
あらゆることに決断できるようになる。

すると丹田が鍛えられ
波動が強くなっていくのです。

高波動は「感謝」

強波動は「決断」

この習慣をコツコツと繰り返すことが
幸せでありながら豊かに生きる答えなのです。

最後に

インターネットが普及して
ありとあらゆる情報を入手できるようになりました。

しかし、情報が多すぎるあまり
何が正しいのかの判断が難しくなってきています。

すべての答えは、外の世界にはなく
あなたの心の中にあります。

外の世界に答えを求めるのではなく、
自分自身に問い続けること。

自分の中にしか答えはないです。

最後まで読んでくださったあなたは
素晴らしい愛を表現するために
生まれてきたのだと思います。

そのためには、高波動と強波動を維持し
多くの人に影響を与える必要があります。

スピリチュアルやヒーリング
レイキやマインドブロック解除など色々ありますが

「小さな行動の積み重ね」

これこそが
確実にあなた自身を成長させてくれるものです。

自分を信じて
愛を表現してくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

あなたにとって
素晴らしい気づきになれば嬉しく思います。