除したくなる気持ち

 

 

いつもありがとうございますm(_ _)m

 

はじめての方は自己紹介をご覧ください。

 

↓ ↓ ↓

 

自己紹介

 

 

 

人間って生きていくと

いろんな感情を感じます。

 

 

喜びだったり

 

悲しみだったり

 

恨みだったり

 

愛おしさだったり

 

 

この感情こそが

人間が体験できる一番尊いものです。

 

 

でも、

この感情が厄介だったりするのも事実です。

 

 

例えば

大勢の人の前で話したい!という思いを持っていても

 

 

「緊張」という感情が湧いてしまうと

人前で話せなくなったりしますよね。

 

 

 

 

魂の視点からすれば

この感情は尊いものなんだけど

 

 

人間の視点からすれば邪魔なわけです。

 

 

結局、人間は

あらゆる感情によって支配されています。

 

 

不安、恐怖、怒り

などなど様々。

 

 

まずは、人間っていうのは

感情に支配されているってことをわかって下さい。

 

 

この図のココです。

 

 

 

 

「行動できない」

 

「頭では分かっているけどできない」

 

 

というのはあなたに問題があるのだはなくて

人間は感情に支配されているから仕方のないことなのです。

 

 

感情の種(タネ)

 

セッションを通して

とても僕自身が学ぶ事がたくさんあります。

 

 

簡単な感情でいうと43個あります。

 

 

あ、

これまとめたのであげますね。

 

 

 

コチラをクリック

 

↓ ↓ ↓

 

43の感情リスト

 

 

 

 

 

セッションでは

心の中にある感情の種(タネ)を浄化しています。

 

 

いわゆる、

感情を発生させている「種」を除去しているので

その感情が感じなくなり、再発しなくなります。

 

 

根本治療

 

僕は、今まで多くのことに

お金と時間を掛けてきました。

 

 

自己啓発やNLP、心理学のワークや手法を通して

変わろうとしてきました。

 

 

しかし、

この技術に出会ってから

今まで学んできたメソッドには限界を感じました。

 

 

例えば、雑草が生えていたとします。

 

 

 

 

この雑草を処理するために

あなたはどんな手法を取りますか?

 

 

世の中で普通に教えられるのは

そのまま「抜く」ことです。

 

 

しかし、一時的にすべて抜けたとしても

時間が経てば必ず同じように生えてきます。

 

 

なぜなら雑草の「種」

いわゆる、雑草を生やしている根本原因を取り除いていないからです。

 

 

これまでの心理学やNLPのメソッドは

根本を探す手法を取っていますがそれでも浅すぎます。

 

 

その時は、気分が軽くなったとしても

その現象を創っている

根本原因の「種」を除去できていないからです。

 

 

この根本にあたるのが

トラウマであったりカルマのことです。

 

 

 

現実創造のメカニズム

 

例えば、

人前で話すことが緊張してしまう人がいます。

 

 

人前で話すことが緊張しない人もいるわけですから

緊張するということは当たり前ではありません。

 

 

なぜこの人が「緊張」するのかというと

心の中に「緊張」という感情の種を持っているからです。

 

 

 

世の中で起きる現象は全てそうです。

 

 

寂しい現実が起こるから

寂しくなるのではなく

 

寂しさという感情の種を

心で持っているから

寂しさという現実を引き寄せます。

 

 

 

悲しい現実が起こるから

悲しくなるのではなく

 

悲しさという感情の種を

心で持っているから

悲しさという現実を引き寄せます。

 

 

だから、現実を変えるためには

心を変える方が早いというのはこういうことで

 

 

心の中にある感情の種を消していくと

現実世界が変わっていくことです。

 

 

これがセッションでやっていることであり

「そんなことあるのか?」って思うかも知れませんが

簡単に現実が変わってしまうので驚きです。

 

 

 

悩みがない人

 

セッションの中で

悩みがたくさん出てくる人と出てこない人がいます。

 

 

で、悩みがない人が

スゴイのかというとそんな事はありません。

 

 

というのは大抵の人が

心に蓋をしていて感情が麻痺しているので

 

 

「悩みを悩みと捉えていません。」

 

 

そのメカニズムはこうです。

 

 

感情には層があります。

 

(上)

 

喜び

 

悲しみ

 

怒り

 

恨み

 

無関心

 

(下)

 

 

僕たちはあらゆる経験を通して

感情を感じるために生まれてきました。

 

 

先程も言った通り魂の視点からすれば良いものでも

人間の視点からすれば辛いものが沢山あります。

 

 

例えば、喜びを感じようとした時に

必ず、悲しみも付随して付いてきます。

 

 

なぜなら、喜びは喜びだけでは存在できず

悲しみが裏にあるから表の喜びが経験できます。

 

 

喜びを得る変わりに

悲しみを感じるリスクを背負うという感じです。

 

 

しかし、この悲しみを多く感じてしまうと

喜びを感じることを放棄します。

 

 

すると、

悲しみを感じることも放棄できます。

 

 

それはどういうことかというと

怒りや恨みや無関心という感情を持つことです。

 

 

恨みや無関心の感情を持っている人は

「悲しみ」を感じないために

その感情を感じていることが多いです。

 

 

根こそぎいきます。(笑)

 

以前、50代の女性を

セッションさせていただきました。

 

 

セッションでは「恨み」という感情の種と

それを形成しているトラウマとカルマを浄化しました。

 

 

すると、クライアントさんは

心で悲しみを感じたといいます。

 

 

というのは

ネガティブな悲しみではなくて

暖かい悲しみと言ってました。

 

 

話をしていくと

両親から愛されなかった「悲しみ」が

「恨み」に変わっていたというものでした。

 

 

「恨み」が解消され

自動的に悲しみを感じるようになったということです。

 

 

それと同時に

喜びを感じるようにもなりました。

 

 

そうゆうのん素敵やん~

ってホッコリでした。笑笑

 

 

内観

 

 

悩みがない

 

特にやりたいこともない

 

これと言って別に

◯◯したいけど◯◯できないとかはない

 

って人は

本当に悩みが無いわけでは無くて

 

悩みに気付いていなかったり

心に蓋をしてたり

諦めていたりってことが多々あります。

 

 

どこまでいっても

人間は自分のことを客観視できないので

 

 

これから

コーチングとかカウンセリングとか

コンサルティングとかが流行るのでしょうか?

 

 

とりあえず

「内観」をしてるかしてないかが

大きなカギになってくると思います。

 

 

「内観」とは

 

自分の中身を見るということで

「なぜ?」というもので掘っていく手法です。

 

やはり、自分という人間を

客観視したり定義したり

 

 

どのようなことに喜びを感じて

どのような存在になりたいのか。

 

 

ここが二極化の分かれ目になって

くるのかな~と思っています。

 

 

また、内観の方法に関しての

記事を書きたいと思いますが

 

 

この言葉を

あなたの魂に問いかけてみてください。

 

 

 

「人生が一回だとしたら

そのままの人生で満足?」

 

 

 

 

 

《自己紹介をご覧ください》

 

  ↓ ↓ ↓

自己紹介

 

 

《潜在意識を書き換えるセッションとは》

 

  ↓ ↓ ↓

セッション

 

 

《今だけ¥0で公開中!》

潜在意識を書き換えて

 

もっとラフに!もっと自分らしく!

夢を叶えてみませんか?

 

僕が500万を投資して

創造主から教えてもらった

“マル秘特典”を今だけ無料プレゼント!!

 

特典1

潜在意識の特性10選  PDF (23頁分)

 

特典2

アファメーションの落とし穴 PDF(40頁)

 

特典3

年収4600万の創造主から聞いた

極秘のアファメーションリスト (お金編 20個)

こちらを読むだけで

自己啓発やセミナーから解放されます(^^)

 

 

元消防士の僕が創造主に聞いた

 

  ↓ ↓ ↓

LINE@