【素朴な疑問】この世は仮想現実?VR体験が教えてくれる現実創造のメカニズム

脳の錯覚

 

 

 

 

いつもありがとうございますm(_ _)m

 

はじめての方は自己紹介をご覧ください。

 

↓ ↓ ↓

 

コチラから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前々回の記事で

VRのお話をさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

タイムリーに

VRの話題がテレビで流れていたので

少しお話していきますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたは

VRを体感したことはありますか?

 

 

 

 

 

 

 

このように

ゴーグルを付けて

アトラクションを楽しむというものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仮想現実と知っていても

アトラクションだと分かっていても

あまりの臨場感に押しつぶされ行動ができない。

 

 

 

 

 

 

 

これは特に面白くて

長さ3m、幅50cmの板の先端に猫がいてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

VRを付けないと

何の問題も無く

板の上を歩くことができるのに

 

 

 

 

 

 

VRを付けて

仮想現実に入った瞬間に

前に進めなくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当たり前と思いますか?

 

 

 

 

 

 

これって

どんな原理なんでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

脳の錯覚

 

 

 

 

 

このVRが教えてくれるのは

心理的ブロックです。

 

 

 

 

 

僕がずっと言っている

このメカニズムそのものなんです。

 

 

 

 

 

 

 

観念

 

 

感情

 

 

行動

 

 

結果

 

 

この無限ループです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

VRを装着する前は

なぜ、渡り切ることがデキるのか?

 

 

 

 

 

それは

観念からの負の感情が発生しないからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

「渡れるわ~」 観念

 

 

「余裕でしょ」 感情

 

 

「普通に歩ける」 行動

 

 

「渡り切る」 結果

 

 

 

 

 

 

 

観念が正常であるから

結果もそのまま正常な結果になります。

 

 

 

 

 

 

 

では、

渡れないパターンはどういうものでしょう?

 

 

 

 

 

 

「落ちたら死ぬ」 観念

 

 

「ヤバい。恐怖」 感情

 

 

「恐怖で前に進めない」 行動

 

 

「渡れない」 結果

 

 

 

 

 

 

わかりますか?

 

 

 

 

「行動」に

問題があるのでは無いですよ?

 

 

 

「観念」に問題があるんです。

 

 

 

 

で、この無限のループが面白いのは

「結果」は「観念」を強化するということです。

 

 

 

 

「渡れない」 結果

 

 

「やっぱり高いところはダメだ」 観念

 

 

高所恐怖症 です

 

 

 

 

 

 

 

 

どこを変える?

 

 

 

 

現実創造の原理が分かりましたか?

 

 

 

この図を覚えてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

すべては

潜在意識の「観念」からです。

 

 

 

 

 

では、

この板を渡るために

あなたならどうしますか?

 

 

 

 

 

 

そうですね~

 

 

 

「渡る練習をします!」

 

 

「2階、3階、4階と高さを上げて行きます!」

 

 

「俺は渡れるとアファメーションします!」

 

 

「渡りきっている姿をイメージします!」

 

 

「渡れる姿をビジョンボードに。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが

世の中に紹介されているメソッドです。

 

 

 

 

 

 

効果がある時は

あるかも知れませんが

効率的ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現実世界の問題を

現実世界で変えようとすると

限界があります。

 

 

 

 

 

この図で言えば

ずっと「行動」のところを変えている。

 

 

 

 

 

 

 

 

陰陽で言えば

 

観念 → 感情  (陰)

 

結果 ← 行動  (陽)

 

 

 

 

現実世界(陽)を

陽のアプローチで解決しようとしているのです。

 

 

 

 

 

しかし、

ずっと僕が言っているのは

 

「陽」は「陰」のためにあって

「陰」は「陽」のためにある。

 

 

 

 

だから

 

「陽」は「陰」で解決して

「陰」は「陽」で解決するの。

 

 

 

 

 

これが

これから普及していく方法です。

 

 

 

 

 

 

 

根本解決

 

 

 

 

 

この図を見れば分かると思うのですが

「結果」を変えるためには

「観念」を変えることが得策です。

 

 

 

なぜなら

「渡れない」という「行動」を妨げているのは

「恐怖」という「感情」だからです。

 

 

 

 

では、

この「感情」を生み出しているのは

「落ちたら死ぬ」という「観念」です。

 

 

 

 

この「観念」さえ正常に戻せば

「感情」が湧かなくなり「行動」に制限がなくなり

望む「結果」が出ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、

どうやってこの観念を変えるのか?

 

 

 

 

 

これが

僕が言っている潜在意識を書き換えるってことです。

 

 

 

 

 

 

 

この潜在意識の観念は

 

・過去の経験

・世間の常識

・トラウマ

・カルマ

 

から形成されています。

 

 

 

 

 

「落ちたら死ぬ」というのは

世間の常識で培われたモノです。

 

 

 

 

また、

幼い頃にジャングルジムから落ちて

ケガをしたのかも知れません。

 

 

 

 

母親に

「高いところから落ちたら怪我するよ!」

と教えられたのかも知れません。

 

 

 

 

今、抱えている観念は

過去の経験からもたらされているものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

トラウマやカルマに

関してはコチラの記事をご覧ください。

 

 

 

【徹底解説】カルマって何?前世のカルマを解消する方法

 

 

【徹底解説】メンタルブロックを生み出すトラウマの正体とは?

 

 

 

 

 

 

すべては潜在意識

 

 

 

 

人間が行動できなかったり

望まない現実を引き寄せてしまうのは

 

 

 

「潜在意識の観念」に問題があります。

 

 

 

 

 

 

この観念に問題があれば

どれだけ行動から矯正しても

いずれかは元に戻ってしまいます。

 

 

 

 

 

今回紹介した例は

とても極端なのですが

すべての事象は同じです。

 

 

 

 

 

「人前で話すと緊張する」

 

 

「自分には能力がない」

 

 

「自信がない」

 

 

「決断できない」

 

 

 

すべて同じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い込みの世界

 

 

 

 

 

現実世界は

思い込みの世界です。

 

 

 

「観念」が作り出す世界です。

 

 

 

 

 

もう、これだけです。

 

 

 

 

すべて思い込み。

 

 

 

 

 

思い込み。

 

 

 

 

 

日本が不景気なのも思い込み。

 

 

 

将来が不安なのも思い込み。

 

 

 

今が楽しいことも思い込み?

 

 

 

幸せに感じるのも思い込み?

 

 

 

 

 

思い込み?

 

 

 

すべて思い込みなら

自分の望みの思い込みにできたらどうですか?

 

 

 

 

 

思い込みの世界。

 

 

 

 

 

なぜなら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕らは既に

仮想現実に生きているんですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《今だけ¥0で公開中!》

潜在意識を書き換えて

もっとラフに!もっと自分らしく!

夢を叶えてみませんか?

 

僕が500万を投資して

創造主から教えてもらった

“マル秘特典”を今だけ無料プレゼント!!

 

特典1

潜在意識の特性10選  PDF (23頁分)

 

特典2

アファメーションの落とし穴 PDF(40頁)

 

特典3

年収4600万の創造主から聞いた

極秘のアファメーションリスト (お金編 20個)

こちらを読むだけで

自己啓発やセミナーから解放されます(^^)

 

 

元消防士の僕が創造主に聞いた