言いたいことが言えない3つの原因と解決法
Pocket

僕もその一人な訳ですが。(笑)

言いたいことが言えないことってありますよね?

そりゃ、誰に対しても言いたいことを言えれば
ストレスも溜まらないし、どれだけ楽なことか。

言いたいことを後のことを考えずに
バスバスと切り込める人を見ると
「羨ましいな〜」と思ってしまうわけです。

こうやって当ブログを読んでくださっているあなたも
「言いたいことが言えない」という悩みを持っているかと思います。

今回の記事では
「言いたいことが言えるようになる方法」をお伝えします。

それをお伝えする前に
「なぜ言いたいことが言えないのか?」という
メカニズムを理解していただき

「どうすれば言いたいことが言えるのか?」という
方法をお伝えします。

あなたが
嫌いな上司にバスっと切り込める日を思い浮かべながら
丁寧に書いていきますので最後まで読んでくださいね。

言いたいことが言えない3つの理由

言いたいことが言えない原因は
大きく分けて3つに分類されます。

①言いたいことがわからない

②言いたいこと言った時の反応が怖い

③言っても無駄だと諦めている

おそらく、この3つのどれかに該当するはずです。

ひとつひとつ解説していきますね。

①言いたいことがわかっていない

これって矛盾しているように感じますよね?

言いたいことが言えないって悩んでいるのに
何が言いたいのかがわからない状態です。

これ、僕もよくあるんですが、
友人などに悩みを喋っている時、

自分「悩みを吐露中・・・」

友人「言いたいことそのまま言ったら良いやん!」

自分「いや、そうやねんけどさ、いま喋っててようやく言いたいことが”コレなんや”って分かった状態でその渦中にいたら何を話したらエエのかわからんようになるねん。」

どうでしょうか?

何が言いたいのか自分でわからないことってないですか?

この解決方法は後述しますね。

②言いたいことを言った時の相手の反応が怖い

これも多いはずです。

ヤイヤイ!と言われている時に
心の中では言ってやりたいこと、
投げ捨ててやりたい言葉があるけども

「これを言ったら相手を傷つけてしまう」

「自分が悪いんだ」と自己否定に持っていったりと

こんなことはないでしょうか?

この場合の多くが
相手の反応が怖い!ということよりも
自分が相手を傷つけてしまうことへの恐怖が強いのかも知れません。

そんな思い込みを無意識で抱えているため相手には優しくして
自分自身を苦しめる自己否定をしちゃったりするんですよね。

どうでしょうか?

この解決方法も後述しますね。

③言っても無駄だと諦めている

これは、言いたいこと言えない史上断トツのトップ1だと思っています。

「言っても無駄だしな〜」

「言ったところで分かってもらえないしな〜」

「そもそもわかってほしいなんて思ってないし〜」

って自分の中で完結させて終わらせてしまうパターン。

僕は、本当にこのパターンが多いです。

頭では「伝えたいことは伝えたほうがいい」ってわかっているのに
「言ったところで理解されないだろうし」って自動的に解決してしまう。

この問題のキーワードは「信頼」だと思うんです。

どうでしょうか?

これらの3つのどれに当てはまりましたか?

この③をもう少し掘り下げていきたいと思います。

夫婦喧嘩はこのようにして始まる

イメージしてみてくださいね。

結婚していない方も
このような未来が待っているかも知れないので。(笑)

あなたは結婚して間もない夫婦です。

子供が生まれて、かわいい男の子は1歳になりました。

食卓の椅子に座り晩ごはんを食べていました。

1歳の息子はベビーチェアーに乗って夫と母の間に挟まれています。

夫婦は食事を食べながら息子のこれからについて話し始めました。

「ねぇねぇ、この子は絶対に塾に入れようね!英才教育をして、素晴らしい大学に出てほしいの!」

「ん〜、そうかな?俺はやっぱりスポーツをさせたいな〜!俺も勉強なんかしてこなかったし」

「あなたと一緒にしないで。これからは絶対に勉強させた方がいいの!塾にいれて、たくさん勉強してもらうの」

「いやいや、もっと自由にスポーツとか好きなことをさせようぜ」

(嫁さんがスネ夫の母みたいになったことはご了承ください)

このような意見の食い違いによって
喧嘩が勃発することは多くあるはずです。

では、あなたが女性なら
嫁の立場になってどうするかを考えてみてください。

あなたが男性なら
夫の立場になってどうするか考えてみてください。

チクタクチクタク♫

考えてくださいね。(笑)

例えば、
女性の場合、何が何でも自分の意見を通すパターンが考えられます。

また、主人を釣り物にして周りのママ友に言って「周りのママ友も塾に入れるって言ってたわよ〜」ってするかも知れません。

男性の場合、
「もうエエわ!」と言って諦めて相手にしないかも知れません。

また育児に口出しをせずに、自分のことだけを優先するようになるかも知れません。

どうでしょう?

しかしです。

これらは何の問題の解決にもなっていません。

一見、喧嘩はしなくなり穏やかな家庭に見えるかも知れません。

しかし、お互いの無意識で”何かのシコリ”が残ることになります。

問題の根本は解決されていないのです。

では、どうすれば問題が解決できるのか?

それは高次元的モノゴトの見方をすることです。

高次元なモノゴトの見方

この世界には2つのモノゴトの見方があります。

1つ目が、人間の視点。

2つ目は、宇宙の視点。

人間の視点は、二元論が基準になります。

二元論とは対(つい)となっていることで
他のモノが定義できるというものです。

例えば

男 ー 女

良い ー 悪い

右 ー 左

人間世界では
すべてのモノが二元のモノサシで図ることができます。

しかし、この視点だと「分離」を生んでしまいます。

世の中を見渡した時に
争いや喧嘩はすべてこの分離からやってきています。

「これは良くて、これはダメ」

争いの根本原因は分離感です。

先ほどの夫婦喧嘩もこの分離感が原因なのです。

では、宇宙の視点とは何なのか?

それは、統合、調和の視点です。

カンタンに言えば
「すべてはひとつ」というモノゴトの捉え方です。

具体的に説明しますね。

先ほどの夫婦喧嘩を人間視点から見るとこうです。

嫁「塾に通わせたい」

夫「スポーツをさせたい」

これらをこのまま議論すれば平行線ですし
どちらかが諦めるしかありません。

しかし、これを宇宙の視点から見るとは
この夫婦の背後にあるものを見ることです。

要するに言っていることが違う夫婦でも
裏にある思いは同じということです。

それは

「苦労させたくない」という思いです。

嫁も夫も

「苦労させたくない」から塾に通わせたい

「苦労させたくない」からスポーツをさせたい

と思っているわけです。

この思いがわからないまま
どれだけ議論を重ねても意味がないのです。

その問題から目を背けてはいないか?

③言っても無駄だと諦めている

これをやると表面上は一見、音沙汰なく
終息しているように見えます。

これをする人の心は

「自分が我慢すればそれでいい」

「自分だけが傷ついて終わるならOK」

このような思いが隠れています。

しかし、それは
目の前の問題を放棄しているだけかも知れません。

その放棄とは2つ。

①自分の本当の思いを押し殺している

②裏にある相手の”思い”を汲み取ろうとしていない

頭でわかっていても
なかなか難しいな〜と思ってしまいますよね?

では、どうすればこの問題を解決することができるのか?

それは自分のネガティブを受け入れることです。

内の世界が外の世界を創る

これから説明するのは

①言いたいことがわからない

②言いたいこと言った時の反応が怖い

この解決方法にもなります。

3つの問題の原因はこうです。

①言いたいことがわからない

自分の中のポジティブとネガティブが分離しており本当の自分と繋がることができない

②言いたいこと言った時の反応が怖い

自分の中に好きな自分と嫌いな自分が分離しており嫌いな自分が出てくるのを恐れている

③言っても無駄だと諦めている

自分のネガティブな部分を受け入れられていないためそこから目を逸らしている

要するに
全ての問題は自分の心の中にある分離感ということです。

言いたいことを言えるようにする方法

では、どうすれば
言いたいことが言えるようになるのか?

それは

「こうでありたい!」という自分を手放すことです。

言い方を変えれば
プライドや見栄を捨てることです。

僕らはなかなか素直になれません。

「こう見られたい!」とか
「どう見られているか」がとても気になります。

そんなベールを纏っていると
本当の自分を出すことはできません。

まずは「こうでありたい!」という自分を手放し
ありのままの自分を自分が認めていくことです。

自分を苦しめているのは
自分であることに気付いた瞬間
目の前の現実は音を立てて崩れ去っていくのです。

最後に

「完璧じゃなくていいんだ!」

そんな言葉を自分にかけてください。

ストレスを感じたり何かを抱え込む人
人目を気にする人は自分に厳しすぎます。

この一言で十分じゃないでしょうか?

「完璧じゃないくてもいいんです。」

今日も最後までありがとうござました!