”アベノマスクと”ガンバリズム”と”ありまま教”
Pocket

ンターネットが普及し
誰でも情報発信ができるようになった時代。

しかし、あまりの情報量の多さに疲弊していませんか?

また、フェイクニュースが蔓延り(はびこり)
何が”真実”なのかがわからなくなっています。

昔のような知恵のある人が
子どもを教育することも無くなりました。

20代の僕たちがしっかりしないと
これからの未来はどうしようもありません。

20代の僕たちがしっかりしましょう。

僕たちがしっかりとした教育を子どもにしていかないと、
ずっと同じ過ちを繰り返しますよ。

アベノマスク

コロナの影響で
”アベノマスク”が話題になりました。

もう届きましたか?

大阪に住んでいる僕のところにはまだ届いていません。

あれは2,3ヶ月前に言ってたことですよね。

それが末端層に届くまでこれだけ時間が掛かるのです。

ここからわかることは
末端の僕たちには、本当の情報が届くまで
だい〜ぶ時間が掛かるということです。

「ネットで真実が暴かれてる」

って言われていますが
それが真実なのか、フェイクなのかはなかなか判断が難しいです。

やはり、僕たちに届く情報には
疑いの姿勢から入って、自分の目で確かめることが重要ですね。

ガンバリズム

現代では、ガンバリズムが流行っています。

「頑張れ!頑張れ!」

この言葉の奥にある真意は何でしょう?

お前らは能力が無いんだから頑張れ!」

「これからの時代の競争に負けないために頑張れ!」

もちろん、努力することは大切ですし
やると決めたことを追求することは大切です。

しかし、昔の日本人は本当にそうしてきたのでしょうか?

これからは農業が盛んになると思います。

農耕民族の日本人は
狩猟民族とは少し違う考え方をしてきました。

狩猟民族は
今日の食べ物を”勝ち取る”必要があります。

リスクを取ってでも
その勝負に勝たなければ自分が負けてしまうわけです。

農耕民族の日本人は違います。

優劣、戦い、勝敗などありません。

自然と調和することで
稲穂ができ、来年には米が収穫できます。

種を巻き、収穫を刈り取る。

農耕民族の日本人がやってきたことは何か?

それは祈り感謝です。

日本人の僕たちは
ずっと祈ってきたのです。

イメージしてみてください。

大切な子どもが誘拐されて
自分がどうすることもできなかったら。

僕たちは無意識に手を握り神さまに祈るわけです。

神さまを信じている
信じていないに関わらず祈るです。

それは日本人が代々引き継いできたDNAが
確かに僕たちの中に入っているからです。

まだ、西洋から入ってきた
ガンバリズムを続けるのですか?

まだ自己実現なんか目指しているんですか?

ありまま教

「ありの〜ままの〜」

アナ雪ですね

「ありのままの自分で生きていこう!」

「好きなことだけで生きていこう!」

素晴らしい時代になった!と思いますよね。

耳障りが素晴らしく
好きに生きて良いんだ〜って
救われた気になりますよね。

陰謀論とかはあまりわからないのですが、
大衆を操作するためには、子どもから優しい言葉で
かつ、人間が受け入れやすいように浸透させていくのが常套手段です。

「ありのままで」生きることは素晴らしいと思いますが、
ありのままの意味を履き違えるとトンデモないことになります。

多種多様な生き方が受け入れられる現代になり
ストレスから解放される人が増えた反面モラルの低下は著しいです。

ありまま教の理念は
「自分の心に従って生きよう!」というモノです。

この心とは何なのでしょう?

心の語源は
”コロコロ変わる”というところから来ています。

イメージしてみてください。

初対面で会った時は大好きだった彼が
明日にもなれば、普通の男に変わっているわけです。

その人は変わっていません。
あなたの心が変わっただけです。

このように
人間の心は、いともカンタンに移ろいゆくものです。

「心に従う」=「感情に従う」ということです。

もちろん、倫理観とモラル
何が善で何が悪なのかを正しく教育された家庭で育った人なら

「心」=「感情」

とは結び付けないかも知れませんが
受け取り手がどのように受け取るかはわかりません。

感情に従うとは”快楽”の追求に繋がります。

ここまで離婚が多いのはなぜでしょう?

感情で結婚するからですよね。

好きか嫌いかで条件で結婚するから、
こんなに離婚が勃発するわけです。

「いやいや、結婚の制度自体がおかしいんだよ」

「40年もひとりの人を愛することなんて無理だよ」

そんな言葉が受け入れられる世の中ですもんね。

ありまま教。

これからもドンドンを流行りそうです。

神になりたいサタン

サタン、ルシファー、悪魔は
堕天使であるというお話をしました。

サタンの特徴は
”自分が神になりたい”という欲求です。

自分が法律になり
自分が権威を持ち
自分が正義になり
自分があらゆるものを支配し
自分が崇められ
自分が神になりたいという性質を持っています。

では、少し
自分ごとで考えてみましょう。

なぜ、僕たち人間は
ガンバリズムなのでしょうか?

なぜ、ありまま教なのでしょうか?

なぜ、人よりも勝りたいと思うのでしょうか?

自分が神をして崇められたいのではないでしょうか?

サタンは”地上の神”と言われています。

地球を支配しているのはサタンです。

ここからわかることは

サタンを拝めば拝むほど、現実が成功していくということ
(成功とは人間的なものであり、霊的なものではない)

サタンの目的は神に近づくことであるため

”神に近づきたい”
”自分が法律になりたい”
”自分がこの世を支配したい”

という人に力を与えます。

地位、名誉、財産を
求めるならサタンを拝む方が早いです。

しかし、
もし、あなたの魂に健全な良心があるのなら
”罪悪感”を感じます

また、そのやり方では疲弊してしまいます。

なぜなら、一見人生がいい方向に進んでいるように見えても
それは”破滅の道”へ向かっているからです。

最後は、破滅するのです。

人間関係の破滅

家族の破滅

倫理観の破滅

生きる目的の破滅

サタンの目的は
神さまが心から愛している人間を破滅させることです。

どうでしょう?

あなたの心は満たされていますか?

お金を稼げば稼ぐほど心は荒んでいっていませんか?

何をやっても虚しさを感じていませんか?

神さまはあなたを愛してる

なぜ、神さまは目に見えないのでしょうか?

もし、神さまがいるなら
姿を見せて欲しいとどれだけ願ったか。

そんな目に見えないモノを信じていると言ったら
周りの人からドン引きされるよ

「信じたいけど、信じられない」

なぜ、このような仕組みになっているのでしょうか?

ここからは自分の個人的な意見なので
疑って読み進めてください。

親は子どもに無償の愛を持っています。

これと同じで
神さまは人間に無償の愛を持っています。

親は子どもを愛しています。
子どもも親を愛しています。

しかし、どれだけ
頭で「愛されている」ことがわかっていても
言葉で行為で示してもらえなければわかりません。

そのために言葉が創造されたと思います。

目に見える世界を愛する。

これがステップ1です。

ステップ2は
目に見えない存在を愛することです。

もし、神さまがこの世を創って
ただ、愛されたいのであれば
人間なんか作らずにロボットを創ったはずです。

必ず神さまを信じるロボットです。

しかし、そこには”愛”はないのです。

”愛”は強要した途端に”愛”はではなくなるのです。

これが”愛”の性質です。

そこで、神さまは人間に自由意志を与えました。

選択の力です。

”愛する選択””愛さない選択”を与えました。

そして
僕たち人間の自由意志は暴走します。
愛のために使われるべき力が
人を憎み、争いのために使われるようになりました。

分かち合うために人間を創ったのに
自分だけが良ければいいという思想を生み出しました。

それでも神さまは”愛”の方ですから
ずっとずっと待っているのです。

もし、「人間が堕落したからこの世をリセットしよう!」と思って
それをやったとするなら、それは神が”愛”ではないことを証明することになります。

だから、ずっとずっと待っているのです。

あなたには自由意志があります。

あなたが愛する選択をしても
愛さない選択をしても、あなたは変わらず神さまに愛されています。

しかし、神さまは
”愛”であり”義”の性質でもあります。

何が良いか、悪いのかこれを持っています。

それでもあなたは愛されています。

あなたには目的がある

聖書を勉強すると本当に面白いです。

どこかの宗教に属するのではなく
自分で聖書を聖書で解釈するのです。

世の中の多くは聖書の一部を引用したり
○○の預言者、みたないわけのわからない人が書いた
聖書みたいな書を取り出してきて解説し始めます。

そうではなくただ、聖書を聖書で自分で読むんです。

本当に面白いです。

そこで書かれていることは3つ。

1、あなたは、目的をもって神によって創造されました。

2、あなたは、神に似せて創られた最高傑作です。

3,あなたは、神から愛されています。

自分の目で見て確かめてください。

誰かから聞いてはいけません。

自分の目で確かめるんです。

ガンバリズムもありまま教も必要ありません。

なぜなら、
あなたは目的を持って創られているからです。

誰一人、欠けることなくそうです。

前の僕がこんなブログを見たら

「じゃあ、俺の使命ってなんやねん?」

「もっとわかりやすく教えてくれよ!」

って思ってたと思います。

でも、大切なことは
神さまとの信頼関係を取り戻すことです。

親に信頼されていなかったら何もお願いされないでしょう?
信頼があるからこそ多くのものを託されるのです。

「目に見えないものを信じるなんておかしいやつと思われるよ」

まさにそうです。

おかしなヤツです。

でも、既に周りから
おかしなヤツだと思われているので大丈夫ですよ。(笑)

信頼関係は取り戻せます。

それは、あなたが今までの行いを反省して、悔い改めること。

神の名をお金稼ぎに使ったこと。
都合のいい時だけ、神にお願いしたこと。
神を疑ったこと。
神がいないと思ったこと。

親が子を愛しているように
神さまもあなたを愛しています。

親が子の過ちを赦すように
神さまもあなたの過ちを赦してくれます。

ガンバリズム、ありまま教、自己実現
もう、いいんじゃないでしょうか?

神さまからいただいた命を
与えれた使命と役割を完うする人生を生きていきましょう。