【体験者の声あり】花粉症を1日で改善する方法
Pocket

この記事では
花粉症、アレルギー性鼻炎の仕組みと改善方法を紹介します。

3月になれば鼻がムズムズする。

サラリとした鼻水が永遠に出てきて
ティッシュ無しでは生活できない。

シバシバと目は痒くなりカラダ中も痒くなったり。

くしゃみによってムズムズ感が拭えない。

仕事をしようと思えば鼻水、鼻詰まりで集中できない。

目も痒くてイライラしてしまう。

薬を飲んだかと思えば眠気が襲ってきて・・・

薬を飲まなかったら頭がボーッとしたり
倦怠感に襲われて1日を台無しにしてしまう。

夜寝る前には鼻詰まりを起こして口呼吸しかできずに眠れない。

何度も目が覚めてぐっすりと眠れない。

こんな経験はないですか?

僕も27年間花粉症、アレルギー性鼻炎に悩まされ
苦しい日々を送っていました。

医学的には、花粉症やアレルギー性鼻炎は体質の問題であり、
薬で症状を緩和することしかできず治らないとされています。

この症状が、毎年続くと考えたら嫌ですよね。

しかし、花粉症、アレルギー性鼻炎は
しっかりとした仕組みと改善方法を理解すれば改善されるものです。

あることがキッカケで
健康に興味を持つようになりました。

どうせなら
この花粉症、アレルギー性鼻炎を解消しようと思い
たくさんの文献を読んで実践しました。

結論から言うと、
1ヶ月も経たない内に改善することができました。

後述しますが
たった1日で劇的に改善する方法も編みだすことができました。

僕が花粉症、アレルギー性鼻炎を解消した
仕組みと改善方法をお伝えしていきますね。

花粉症の解剖学的メカニズム

科学的根拠から物事を考察することは大切です。

花粉症、アレルギーを解剖学的に見ていきましょう。

花粉症やアレルギーの原因を一言でいうと

「免疫が誤作動を起こしている状態」です。

免疫とは

体内に病原菌や毒素その他の異物が侵入しても、それに抵抗して打ちかつ能力。また、異物と反応する抗体を作って発病をおさえる抵抗力を持つこと。転じて、物事がたび重なるにつれて慣れてしまうこと。

要するに
体内に悪いものが入ってきた時にその異物を除去するものです。

花粉症やアレルギー性鼻炎は
この免疫が「誤作動を起こしている」のです。

この免疫の誤作動により
攻撃しなくてもいいものに対して過剰に反応し
くしゃみは鼻のムズムズ、目の痒みや倦怠感を引き起こしているのです。

花粉症のメカニズム

花粉症やアレルギー性鼻炎により
くしゃみや鼻水、鼻詰まりが発症するまでの流れは4ステップです。

STEP1:体が花粉という異物が侵入すると、まずそれを受け入れるかどうかを判断する

STEP2:排除すると判断した場合、体はこれと反応する物資であるIgE抗体を作る。これが、肥満細胞というものに付着する

STEP3:IgE抗体ができた後、再び花粉が体内に入ると鼻や目の粘膜にある肥満細胞のIgE抗体と結合

STEP4;その結果、肥満細胞から化学物質であるヒスタミンが分泌され、くしゃみなどで花粉を出そうとする

花粉症やアレルギーは
「体を守る免疫反応の誤作動」です。

ダニやハウスダスト、花粉やほこりなど
害を与えない物質に対しても「有害物質だ!退治しろ!」と
免疫が誤作動を起こし過剰に攻撃する結果、
くしゃみや目の痒みなどのアレルギー反応を起こすのです。

病院に言って渡される薬は
抗ヒスタミン薬というものです。

これは痒みを引き起こすヒスタミンを
出さないようにする薬です。

もちろん、抗ヒスタミン薬を服用すれば
痒みや辛さは「一時的」には治まります。

しかし、対処療法であって
本質的な問題解決にはなっていないのです。

薬を辞めれば
また同じ症状が発症するからです。

免疫をコントロールする部位

少し、踏み入って解説していきます。

花粉症、アレルギーは免疫の誤作動といいました。

ということは免疫を正常に戻せば
花粉症やアレルギーは改善されます。

では、免疫はどのように作られているのでしょうか?

免疫を司る臓器は

・骨髄

・胸腺

・小腸

・脾臓

骨髄で免疫が作られると言われています。(医学的に言われていますが、定かではありません。)

胸腺は「免疫の学校」と言われ、免疫をコントロールしている部位です。
ちょうど、胸の真ん中当たりに位置します。

小腸は免疫の約6割が作られていると言われています。
腸内環境を整えることが大切と言われるのは、小腸が免疫に大きな影響を与えているからです。

脾臓は、免疫を組み立てたり、いらないくなったものを破壊したりするところです。

花粉症やアレルギーの免疫の誤作動とは
これらの臓器の不調から来ているのです。

薬を服用する < 免疫を司る臓器を正常に戻す

この方が、本質的な問題解決に繋がります。

免疫を司る臓器を動かしている部位

では、胸腺や小腸、脾臓を改善すれば
花粉症、アレルギー性鼻炎が改善されるのかというとそうではありません。

それは、その臓器を司っている部位があるからです。

それが自律神経です。

自律神経とは

内臓、血管などの働きをコントロールし、体内の環境を整える神経です。自律神経には、交感神経(起きている時の神経・緊張している時の神経)と副交感神経(寝ている時の神経・リラックスしている時の神経)があります。

人間は自分の意識で心臓を動かすことはできません。
これは自律神経によるものです。

また、朝になると目が覚めて
夜になると眠たくなるのも自律神経によるものです。

ストレスが過度にかかると体調がおかしくなったり不眠症になるのは
この自律神経の乱れが原因なのです。

この自律神経が乱れていると
各臓器が正常に働かなくなります。

自律神経を司っているのが人間の脳の部分になります。

・視床下部

・視床

・脳下垂体

・脳梁

これらの部位が各臓器に司令を出しているのです。

逆に言えば、この部位が不調を起こすと
自律神経が乱れてしまうのです。

生理不順や低体温、不眠症なども
この自律神経の乱れが原因です。

では、この自律神経は
何によって乱れてしまうのか?

それが大きく分けて2つ。

・ストレス

・電磁波

自律神経を司る視床下部は
人の念やストレスに影響を受けやすいです。

ストレスによって
生理不順や感情の起伏が起こるのはこのためです。

実は、
あらゆる病気の根本原因はストレスが関与しているのです。

薬を服用する < 免疫を司る臓器を正常に戻す < ストレスの軽減

ストレスを無くしていくことが
あらゆる病気の根本解決に近づいてきます。

では、
どうやってストレスを軽減していけばいいのでしょうか?

ストレスはその人の受け取り方

メージしてください。

「おい!お前もっと頑張れよ!もっとしっかり仕事しろよ!」

職場で上司からこのように言われたら
あなたはどのように感じますか?

ある人は

「また言われたよ!」

「何度も同じことを言われてストレスなんだよな!」

「黙ってろよ!」

またある人は

「あ、いつも叱ってくれて助かるな」

「もっともっと成長していこう」

「僕のために言ってくれて嬉しいな」

これは極端な例ですが、同じ言葉でも
ある人にとってはストレスになり
またある人にとっては励みの言葉になるのです。

ここからわかることは
「ストレス」とは受け取る側の問題ということなのです。

同じ物事を
ストレスと受け取るのか?
励み、チャンスと受け取るのか?

ストレスと受け取れば
それは負のエネルギーとして
体に蓄積され、病気などの症状を引き起こします。

励み、チャンスと受け取れば
それは正のエネルギーに変換され
生きる活力やモチベーションに変わります。

あらゆる病気の根本はストレスと言いました。

すべての病気や悩みの根本原因は
「ストレスとして受け取ってしまうメンタル」に問題があるのです。

あらゆる症状の根本原因は心が原因ということです。

薬や対処療法で症状は軽減できても根治までいかないのは
心や在り方が変化していないからです。

病気や悩みを根本的に解決するためには
目には見えない部分、心の部分を解決する必要があるのです。

薬を服用する 免疫を司る臓器を正常に戻す ストレスの軽減 心を変える

花粉症、アレルギー体質の人の特徴

ガンになる人は頑固である。

というように、病気それぞれに及ぼす人の性格があります。

花粉症やアレルギー改善を行ってきて
それらの人に共通するものがあります。

それは

・自分のことを信じていない

・世界や社会を信じていない

・自分と世界が分離をしている

・被害者意識が強い

・本音を話さない

・作り笑い

・周りに合わせる

こんな性格を持っている人に
花粉症やアレルギー性鼻炎が多いです。

要するに
花粉症、アレルギー性鼻炎になるメカニズムはこうです。

他人や社会を信じていない

社会との分離感が強い

物事をストレスに受け取りやすい

ストレスが自律神経系に溜まる

自律神経が乱れる

各臓器の機能が低下

免疫が誤作動を起こす

花粉を異物として認識

くしゃみ、鼻水

この根本原因を解決していくことが
すべての症状、問題、悩みを二度と繰り返さないようにする方法なのです。

花粉症、アレルギー性鼻炎を解消する方法

花粉症やアレルギー性鼻炎を解決するためには
目には見えない部分を解決することが必要です。

実際に何名もの方に
1発で花粉症、アレルギー性鼻炎が解消されるかテストしました。

すると驚くように

「そんな馬鹿な〜」と思いますよね?

正直、僕もそう思いました。(笑)

花粉症、アレルギー性鼻炎などの

・鼻詰まり

・鼻水

・くしゃみ

・倦怠感

・目の痒み

・眠気

慢性的に続く
これらの症状に悩まれている方で
根本的に解決したい方は下記の方へご連絡ください。

症状をヒアリングさせていただき
改善させていただきます。