“伊勢の神宮”と”知られざる日本の秘密”
Pocket

6歳くらいの小柄な男の子から質問を受けた。

「ねぇねぇ、お兄ちゃん!神さまっているの?」

その質問に、明確な答えを出せなかった僕は
答えをはぐらかせて質問を返した。

「君はどう思う?」

その男の子は満面の笑みを浮かべながら即答で
「うん!絶対にいると思う!」と答えた。

僕は、科学的根拠もないのに
神さまがいると即答できるこの子を羨ましく思った。

続けて質問された。

「ねぇねぇ、神社って何のためにあるの?」

「・・・」

僕は答えることができなかった。

返答に困っている僕に続けてこう言った。

「神社って何をするところなの?」

僕は、神社のルーツや神社は何をするためにあるのかを話せなかった。

心では「神社はお願い事するところ」って思っていたけど
今になれば、そう言わなくてよかったと思っている。笑

あなたが生まれ育った日本とはどんな国だろうか?

神社は願い事をするために

目に見えない存在を認識し始めたのは
消防士を辞めてから一年後くらいだった。

自営業になって時間ができて
経営者との繋がりでそのような縁をいただいた。

「こんなので願い事が叶ったら苦労しないよ」

と思いながらも、神社に足を運ぶようになった。

その当時、神社は願い事をする場所と思っていた。

神さまに力を借りるためにお願い事しに行っていた。

チャリンチャリン♬
カロンコロンカラン♬

多少の小銭を賽銭箱に入れ
自分の繁栄と豊かさを願った。

時が流れ、
目に見えない世界を深く知るようになった。

本を読んだり縁ある人の話しを聞いたりした。

すると、どうやら神社は願い事をする場所ではないようだと知った。

なんと、神社は感謝をする場所みたい。笑

ガッツリ貪欲に欲深く願い事をしてきた自分を
ちょっぴり恥ずかしく思った。

素直な僕は、これを機に神社では感謝をするようになった。

しかし、今になれば
神社は願い事をする場所でも
感謝をする場所でもないことを知った。

日本を知らない日本人

「世界で一番古い国はどこですか?」

この質問を投げかけると答えられない大人が沢山います。

僕も知りませんでした。笑

「中国でしょ?中国4000年の歴史!」

もちろん、あなたは知っていますよね?

世界で一番古い国は日本です。

中国などの王朝はずっと変わっています。
世界で国が滅びず今も続く国が日本です。

ギネスブックにも載っているみたいですよ。

現在は2020年ですが、
現在、日本国を建国されて2680年です。

皇紀2680年です。

あなたは世界で一番古く長く国に生まれているんですよ?

こういったことを
大人が子供に教えてほしいですね。

現代は、資本主義経済です。

お金が良い悪いとかではなく
見た目は豊かになっても心が置き去りなのは否めません。

現代社会の基礎は西洋から来ています。

ヨーロッパの産業革命により
爆発的に技術が進歩し豊かになりました。

西洋の土台としてある考えは
「狩猟民族的考え」です。

狩猟とは、ご飯は槍や弓を持って動物を殺し
それを食べるというものです。

何かを殺して何かを犠牲にして何かを得るのです。

現代の世の中に蔓延するビジネスも狩猟型ビジネスが多いです。

競争や勝ち負けの土台も西洋から来ています。

昔の日本人が大切にしてきたものがあります。

日本の土台としてにある考えは
「農耕民族的考え」です。

農耕民族とは、
誰かを殺したり、誰かを生贄にしたりしません。

すべての人が豊かになる調和が土台です。

自然の力と調和して米や農作物を創っていきます。

狩猟民族にあるのは努力ですが
農耕民族にあるのは感謝です。

田植えをして収穫できるまで
ず〜〜っと祈るんです。

天に向かって祈るんです。

そして、米が収穫できればまずは神さまに。

次に来年の分を備蓄して。

その次に周囲の人に分け与え。

最後の残りモノを自分がいただくのです。

なぜなら、米を作ったのは
自分ではなく、神の恵みによって作られたことを知っているから。

日本のルーツは?

日本神話では現在の天皇は神の末裔と言われています。

日本神話も人間が作った神さまの話しなので本当か嘘かはわかりませんが、
現代も2680年途絶えることなく天皇が君臨しているのは確かです。

さて、天皇陛下は何をしているのか?

それは2680年もの間、絶えることなく、
世界の安寧の願い、神さまに祈り続けているのです。

「八紘一宇」という言葉がありますが、
これは今は使ってはいけない言葉なのかな?

日本国の代表としてだけでなく
世界の代表として世界の安寧の祈っているのですね。

そんなエンペラーがいる国に生まれているのが日本人です。

たくさんの人が知りませんが。笑

さて、話の本題はここからです。

日本のルーツはどこにあるのでしょうか?
祈りのルーツはどこにあるのでしょうか?

ある方に質問を受けました。。

「皇族の方は、なぜICUに入学するかわかる?」

僕は、病院の緊急治療室?かなと思った。

ICUとは国際基督教大学のことで国際キリスト教大学です。

日本の神さまは
天照大御神で神道がルーツでは無いのでしょうか?

それなのに
なぜキリスト教大学に行くのでしょうか?

日本のルーツは聖書にあった!?

世界基準で考えた時に
信仰を持っていないと話ができません。

世界では何かを信じているのは当たり前であり常識です。

信仰を持っているのに
何に信仰を持っているのかを話せない日本人は異質です。

世界では聖書を読まない人の方が少ないです。

権威ある人や有名な方は必ず聖書を読んでいます。

なぜなら、聖書通りに世の中が進んでいるから。
聖書を読めば、世界の流れが読めるからです。

なのに、日本では

「聖書=宗教本」

とされているのは可哀想です。

悪魔もしっかりと聖書を読んでいます。

世の中にいる悪魔崇拝者たちもしっかりと聖書を読んでいます。

聖書通りに世の中が進んでいるように見せるために世界を動かしています。

何が真実かがわからないですね。

現実世界を知るためにも
霊的世界を知るためにも聖書は必読書です。

では、聖書には何が書かれているのか?

表立っては、イスラエル民族の歴史が書かれています。
(旧約聖書)

裏には日本のルーツが書かれています。

ある建築家の方が聖書を読んでいた時のことです。

その聖書の箇所には、
エルサレム神殿の構造が記されていました。

すると一言。

「これ、伊勢神宮やん!!」

不思議ですよね〜。

聖書では、汚れ(罪)があるままでは
神の前に出られないとされています。

清い必要があるのです。

神社では何をするんでしょうか?

鳥居をくぐり手水舎で手を清め
神殿の前で「祓い給え清め給え」といいます。

神社は清めてから神の前に出て
神の前でも「清めてください!!」と言います。

「え、聖書と一緒じゃない?」

天照大御神は、岩戸隠れしました。
(知らない人は、”アマテラス” ”岩戸隠れ”で検索してください)

スサノオが暴れたことにより
岩戸に隠れて地上から太陽の光が無くなったのです。

その後、神さまが踊って
天照大御神が気になって地上世界に戻ってきます。

聖書では、イエス・キリストは十字架に架かって死にます。

しかし、3日後に復活するのです。

「あれ、天照大御神も復活、イエスも復活」

不思議ですね〜。

天照大御神(アマテラスオオミカミ)が一番上の神さまと思われていますが
その上には天之御中主神(アメノミナカヌシ)という神さまがいます。

イエスは子なる神(神が受肉した)とされ
その上には父なる神(天地万物を創造した根本原因)がおられます。

国のトップ、世界のトップが聖書を学ぶ意味がわかりますか?
天皇が聖書を学ぶ理由がわかるでしょうか?

ここまで聖書と神道が繋がっているのは偶然でしょうか?

聖書を手にした時
神社は願い事をする場所ではなく感謝をする場所でもなく、
○○○○をする場所であることが理解できました。

伊勢神宮に参拝

6月24日
縁あって9人で伊勢神宮に参拝してきました。

拙いながら大阪から車を出し伊勢神宮ツアーです。

内宮→伊雑宮→外宮と
あまり知られていない日本のルーツをお話しながら参拝しました。

こうやって
本質的なことを知っていく人が増えればいいですね〜

伊雑宮はスゴくスゴくよかったです。

無の時間を堪能していました。(笑)

神の恵みに感謝です。

「神社って何をするところなの?」

6歳の男の子に
しっかりと行ってあげたいですね。

神社は悔い改めをする場所だよ」と。

なぜ悔い改めをする場所なのか?は
話せば日が暮れてしまうのでここでは話しません。(笑)

偉大な神の前で自分の罪を告白し悔い改める。
すると神の息吹を感じます。

「お天道様は見てるよ。」

おばあちゃんが言ってたことの何気ない言葉に
真理があったんだな〜って今になれば思います。

神の御心であれば
9月に伊勢神宮ツアーをします。

必要な人が呼び集められますように。

まとめ

本当の教育とは何でしょうか?

昔の日本人が残したものは何でしょうか?

聖書うんぬん
神道うんぬんは置いておいて

共通することは
「神が一番にあった」ということです。

僕たち日本人のルーツは神さまが先にあったのです。

しかし、今はどうでしょうか?

お金が一番にあり
自分の幸せが一番にあり
自分のやりたいことが一番にあり
生活に苦しまないのが一番にあり
偶像礼拝が一番にあり

いつからズレていったのでしょうか?

あなたの苦しみのうちにあって、これらすべてのことが後の日に、あなたに臨むなら、あなたは、あなたの神、主に立ち返り、御声に聞き従うのである。申命記4:30

終わりの日に、未曾有の事態が世の中を襲います。

どうすることもできなくなった時に
神を信じていなかった人が神に立ち返ると聖書は言います。

だから、今必要なのは霊的な目を開け
既にもっと大切なことに気づいているあなたです。

「人生でもっと大切なことがあるのじゃないかな?」

「自分には生まれてきた意味があるんじゃないかな?」

その問いに
その声に従ってください。

来たる終わりの日に
光の道を示せる真の霊的指導者が必要です。

その一瞬だけ楽になるスピリチュアルに出口はありませんよ。

あなたは
たった100年の短い人生を何のために生きるのでしょう?

何のために生まれてきたのでしょう?

祈り

最後まで滞りなく文字として記せたことに感謝します。

どうか、誰もが自分の命を自ら投げ捨てることのないように
自尊心を保てるようにしてください。

霊的な目を開け
何が真実で何が嘘かを見極められるようにしてください。

心をひとつにして祈ります。

求める者に役割を与えてください。
探すものに真理を与えてください。
叩くものに神を感じさせてください。

すべてを委ね
神の道を歩むことが喜びとなりますように。

御名が称えられますように。
御手が共にありますように。

すべての人に神の恵みと永遠の平安がありますように。