なぜ神さまは姿を見せないのか?
Pocket

し神がいるのなら
世の中はこんなにも乱れるでしょうか?

で心が病む人々は増え続け
自ら命を断つ自殺者数は増える一方。

コロナや自然災害等で人々の心は疲弊している。

現実世界を見れば、生まれ持って豊かな家庭で育つ人もいれば
貧乏の家に生まれ、苦労しながら生きている人もいる。

容姿を見れば、美人でスタイルも良い人がいると思えば
可愛くなく自分のことを好きになれない人もいる。

「神はこの世を不平等に作ったのでしょうか?」

今回の記事では、神が僕たちに示そうとしている
究極の愛を考えてみたいと思います。

僕に愛を語る資格などありませんが
一緒に考え、新たな氣づきを提供できればと思います。

神がいるのなら…

消防士を辞める前に鬱を経験しました。
その時は、本当に心が病んでいてしんどかったです。

こうやって心が病んでいる人も多いんだろうなぁ〜

大丈夫!!すべて最後は益になるから。

神さまを信じていなかった時
ずっと思っていたことがあるんです。

「神さまがいるのなら姿を見せてよ?」

思いませんか?

神がこの世にいるんだったら
僕たちの目で見えるようにしてくれたら良くないですか?

じゃあ、みんな信じるじゃないですか?
なんで神さまってそうしないの?
そうしないっていうか神はいないのかな?

あなたはどう思いますか?

なぜ、神は姿を見せないのでしょう?
なぜ、世の中を乱れたままにしているのでしょう?

イエスカリオテでないユダがイエスに言った。「主よ。あなたは、私たちにはご自分を現そうとしながら、世には現そうとなさらないのは、どういうわけですか。」

イエスは彼に答えられた。「だれでもわたしを愛する人は、わたしのことばを守ります。そうすれば、わたしの父はその人を愛し、わたしたちはその人のところに来て、その人とともに住みます。

わたしを愛さない人は、わたしのものではなく、わたしを遣わした父のことばなのです。ヨハネの福音書14:22-24

12人弟子のユダがイエスに尋ねました。
(イエスを裏切ったユダではない。)

ユダは言った。「イエス様、なぜ、神さまを信じている私たちに奇跡や神の御業を見せて、なぜ、信じていない人に見せないのですか?信じていない人に見せたら、絶対信じるじゃないですか!?神はすべての人を救いたいと思っているんじゃないんですか?」

イエスは答えられた。「神が求めていることは究極的な愛です。奇跡を起こしたから信じる。病気が治ったから信じる。神を見たから信じる。そこに究極的な愛はありません。わたしは、自発的に神を愛することを求めています」

この神が僕たちに示している究極的な愛がわかりますか?

神になりたい悪魔

究極的な愛の話をする前に悪魔の話をします。

この世には残念ながら神以外の存在がいます。

悪魔です。

僕もスピリチュアルをやっていた時に
直感はすべて神からくるものだと勘違いしていました。

しかし、霊的世界には悪魔がいます。

この悪魔はとても巧妙で
神になりたくてもなれなかった悪魔です。

元々は天使ですから
神の姿を装って近づいてきます。

この悪魔は何をするのか?

神になりたい悪魔の手口は以下の4つです。

①神のフリをして声を掛けてくる
②宗教を作る
③教祖になりたがる
④刺激を与える

①神のフリをして声を掛けてくる

神のフリをして
あなたにメッセージを送っていきます。

直感を通して神の名前を使ってアプローチしてきます。

「天照大御神からメッセージが!!」
「伊邪那岐からメッセージが!!」
「イエス・キリストからメッセージが!!」

冷静に考えてくださいね。

神が人間にわかるように
自己紹介すると思いますか?

気をつけてください。

人間は無知です。

霊的指導者、スピリチュアルの仕事をしている人の9割は
霊的世界を理解していないので「神さまと繋がってる」とか「神さまの声が聞こえる」とか言ってしまいます。

天からの声が聞こえてくるのは確かなんですが
9割は悪魔から来てると思ってもらって大丈夫です。

理由は後述します。

もちろん、神の御使いが
話しかけることはあるかも知れません。

しかし、それすらも人間には区別ができません。

悪魔は、人間の情欲を上手く駆り立てます。
その人に善意があっても上手く入り込んできます。

僕は直感が来ても聖書と照らし合わせます。

聖書に書かれていないこと以外は悪魔からのものです。

②宗教を作る

悪魔は上に上に上がりたいと思っています。

そのため、宗教という組織ピラミッドを作ります。

すでに宗教はビジネスですから
どれだけ末端の人が深く信仰していても
上の人がどんな人かはわかりません。

そもそも、信仰は
自分と天との個人的な関係です。

③教祖になりたがる

神になれなかった悪魔は
人から崇められることを願います。

そして、自分自身が神になろうとします。

不条理なことに
はじめは、本当に人のためにと思ってやっていたことが
そこに魔が入り込み、ドンドンとズレていくのです。

これは絶対です。指導者の宿命です。

しかもズレていることが自分でも気づかない。

注意されても自分に力があるから周りの声を聞かない。

典型的な悪魔の罠です。

「この人は素晴らしい!!」
「この人に付いていきたい!!」

と思っていても
1年後になれば、全然違うことを言ってる。

その人は悪気はないのですが
その人に過剰な欲と金銭欲との悪が入り込むのです。

④刺激を与える

神は沈黙します。

しかし、神になりたかった悪魔は
自分の力を誇りたいと思います。

宗教でよくあるのですが
人間世界では考えられないことを見せられます

病気を治したり
不思議なものを見せたり

これにより人の心を引っ張るんです。

スゴいと思わせて信じさせるんです。
現世ご利益で引っ張るんです。

魔術です。

神はそんなことしません。

あなたに刺激や欲を駆り立てて信じさせようなんてしません。

なぜなら、
神から出るものはすべてだけだからです。

究極の愛

究極の愛とは何でしょう?

赦すことですか?
受け入れることですか?
認めることですか?

イメージしてください。

あなたに大好きな子供がいてます。

子供が遊んでいると
ドンドンと沸騰したヤカンの方へと近づいていくのです。

あなたはどうしますか?

子供のもとへ駆け寄り
抱きしめ怪我を負わせないようにするでしょう?

それが究極の愛でしょうか?

恐らく違います。

究極な愛は見守ることです。

何も言わず、罪を犯しても
悪いことをしていてもずっと見守っているんです。

悪魔のように囁き
氣を引いたりはしません。

神はどれだけあなたが過ちを犯しても
罪を犯しても沈黙して愛を持ってずっと見守っているんです。

僕たちは見守ることができるでしょうか?

悪いことをしている人罪を犯している人を
ずっと忍耐して見守れるでしょうか?

ここに神の究極的な愛があるのだと思います。

神は、あなたの鬱を治すこともできるでしょう。

あなたの腕を引っ張って
神を信じるようにすることもできるでしょう。

でも、しないんです。
神はそんなことしないんです。

なぜなら、あなたが自発的に神を求め
神に心を開き、「ごめんなさい」をするのを
ずっとずっと待ってるんです。

なぜなら、強制に愛はないのです。
恐怖に愛はないのです。

何かをしたから
信じさせることに本当の愛はないんです。

でも、神はすべての人を救いたいと思っています。

この究極の愛を僕たち人間は理解できません。

神と悪魔の見極め方

神と悪魔を
どのように見極めたらいいのでしょうか?

それは

「そこに愛があるか」

これだけです。

愛とは
喜びであり、
平安であり、
寛容であり、
親切であり、
善意であり、
誠実であり、
柔和であり、
自制です。

愛は何かの条件を付けません。

「○○するから信じる。」

ここに愛はありません。

恐怖で縛り付ける。

ここに愛はありません。

「この宗教から抜けると救われないよ。」

神がこんなこと言うでしょうか?

現世ご利益を与え人の情欲を駆り立てる。

神がこんな事すると思いますか?

「にせキリストたちや、にせ預言者たちが起って、大いなるしるしと奇跡とを行い、できれば、選民をも惑わそうとするであろう。」マタイの福音書 24:24

今、世の中は偽預言者だらけです。
霊的に目を開けてください。

これからもっと占いやスピリチュアルが流行りますよ。

真理と嘘を見極めてください。

あなたが善の気持ちでやっていても
それが悪魔から来るものだったら
その人を破滅に向かわせているだけです。

だから、霊的指導者には責任が伴うのです。

まとめ

なぜ、神は姿を見せないのか?

イエスは彼に言われた。『あなたはわたしを見たから信じたのですか。見ずに信じる者は幸いです。』ヨハネの福音書20:29

僕は神はずっとキッカケを与えてくれていると思います。

そして、今、鬱や現実が上手くいっていない人は幸いです。

神を知るキッカケが与えられています。

それは宗教に入るとか
誰かが言っていることを信じるのではありません。

僕を信じることでもありません。

あなたが天に目を向けて
「ごめんなさい」をするだけです。

ずっとずっと待っていますよ。
神から離れるのはいつも人間です。

心を開いてみてください。

祈り

主よ、心から感謝します。

どうか私たちが、悪しき誘惑に惑わされることのないよう
偽預言者に惑わされないようにしてください。

どうか、善と悪を見極める目を私たちに与えてください。

刺激を求める心
心の欠乏感を埋めたいという衝動

これらを神の恵みで満たしてください。

愛ある行動ができるように祝福してください。

霊的な目を開け
心の平安と神の恵みを感じられますように。

すべての人に祝福がありますように。