世の中は不公平!?こんな私は腹黒いですか?
Pocket

前なんか辞めちまえっっ!!」

上司の冷たい目がこの言葉を連想させる。

4年前、消防士を辞めたかった僕は、ボートレーサーを目指した。

人生を変えたくて体重を落として勉強して
1年間のすべての時間を試験に捧げたけど受かることはなかった。

どれだけ努力しても
コネや人脈で成り立つ世の中って知った時に
世の中っていうのは本当に不平等だと思った。

頑張って真面目に仕事をしている人がバカを見て
適当に上手いことやっている人がのほほん♬と暮らしている。

この時は、マジで世の中って不平等だなって思った。

そこからドンドンとひねくれていくんですが…(笑)

この当時は神さまなんて信じていなかったけど、
というか、神はこんなに不平等に世の中を創ってるんだとか思ってた。

世の中って不平等だと思わないですか?
(俺がひねくれてるだけ?笑)

あまり努力しなくても
生まれ持った才能でスゴいところまでいけちゃう人。

そこまでかっこよくないのに
めちゃくちゃ可愛い子と付き合ってる人。

人生苦労せずに、楽しいことばかりしている人。

そんな世の中を見て
「地球破滅したら良いのに…」とか思ってたのは僕だけ??笑

いや、あなたも思ってたでしょ?笑

何が言いたいかって言うと
世の中は不平等で、神は依怙贔屓(えこひいき)してるんじゃないか?
って思うけど、そうじゃないよ!ってお話をしていきます。

昔の僕みたいに
心の中が真っ黒でひねくれている人に読んで欲しいです。

なぜなら、そんなあなたにこそ神の愛がズドン!と入ってくるからです。

忖度だらけの引き寄せの法則

ある日、真面目に努力するのが嫌になった僕は
引き寄せで生きてみようと思ったわけです。

たくさん書籍があるし
引き寄せマスターって言う人もいるくらいだから嘘じゃないんだろうと。

で、アファメーションしたり
イメージをしたり、ビジョンボードを書いたりパワーウィッシュしたり
ティッシュに願い事を書いてトイレに流したりしていた訳です。

で、どうだったのか?

お金を引き寄せたこともあるし
なぜかわからないけど、上手く行ったこともありますが
ドンドンと無い物ねだりになってくるんです。

「これだけやってんのに…」

で、隣の人を見れば、みるみる引き寄せをしていたりして

「なんでやねん…」って思ったり。
(マジで腹黒い。笑)

色々彷徨い続けましたがある結論が出ました。

それは、アファメーションとかイメージングとか
ビジョンボードとか、引き寄せノートとか
ティッシュに願い事とかパワーウィッシュとかしなくていい!
(やりたい人はやっていいのですが)

というのは、辞めてからのほうが
色んなもの引き寄せられるようになったので。

で、何がいいたいかというと
「何をするか」が大切ではなく
「何を目的にやるのか」が大切ということ
です。

それは

①神の計画実現のためなのか?

それとも

②自分の計画実現のためなのか?

ポイントはこれだけです。

Which do you believe 進化論 or 創造論?

まず、世の中の大半の人が
進化論を信じていることを最近知って驚いています。

進化論を教えられるのですが、
進化論を科学的に証明されることはありません。

進化論の前提は「偶然」です。

ミトコンドリアから猿から人間に…って。

進化論を信じるならあなたが生まれたのも「偶然」です。

偶然生まれたものに意味はありませんから生きる意味も目的もありません。

そんなはずはないでしょう!誰の陰謀ですか?

あなたは目的を持って神に創られたのです。

神は人をご自身のかたちとして創造された。神のかたちとして彼を創造し、男と女とに彼らを創造された。創世記1章27節

あなたは神の最高傑作であって
あなたにはあなたにしかできない役割があるんです!!

この宇宙も地球もあなた自身も神の計画があって、何かの目的のために創られたのです。

ココ大切です。

この宇宙も地球もあなた自身も神の計画実現のために創られたのです。

あなたの計画の自己実現のためではありません。

引き寄せや願いを叶えるポイントはこの不変のルールを知ることです。

わたしは、あなたがたに言います。求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかります。たたきなさい。そうすれば開かれます。だれであっても、求める者は受け、捜す者は見つけ出し、たたく者には開かれます。ルカの福音書11章8.9節

誰であっても求める者は与えられ
探すものは見つけ出し、叩くものには開かれるのです。

与えられないのは、その動機を見直す必要があるのです。

ご利益宗教と神への信仰

ずっと自分の願いを叶えるためにいろいろやってきましたが、
なかなか納得のいくものが手に入りませんでした。

その理由は冒頭で話した通り自分の計画実現のために生きていたからです。

自分のやりたいことのためにアファメーションしてイメージングして引き寄せノートを書いて etc…

もちろん良いんですが
いつか「やってて意味あるんかな?」ってなって
上手く行ったとしても「虚しい」んです。

あなたがたがわたしを選んだのではありません。わたしがあなたがたを選び、あなたがたを任命したのです。

それは、あなたがたが行って実を結び、そのあなたがたの実が残るためであり、また、あなたがたがわたしの名によって父に求めるものは何でも、父があなたがたにお与えになるためです。 ヨハネの福音書15章16節

”何でも”という表現がありますが
これは何でもかんでも願ったことが叶えられるという意味ではなく
神の御心、いわゆる神の計画実現のためのことなら何でも叶えてくださるということです。

多くの場合、僕たちが手を合わせたり
神に祈ったりする時は、自分の願いを叶えてもらうためです。

初詣に行ったり、神社に参拝に行くのは
現世ご利益、自己中心的な願いを叶えてもらうためです。

多くの人は、ご利益のために
自己中心的な動機によって、自分の願っていることの実現のために、困ったときの神頼みをするのです。

お経を唱えるといいことがある、とか
毎日法話にでると良いことがある、とか

しかし、本当の信仰は違います。

私たちの救いの神よ。御名の栄光のために、私たちを助けてください。御名のために、私たちを救い出し、私たちの罪をお赦しください。詩篇79章9節

信仰とは「御名の栄光のために」祈り、捧げることです。

祈りや願いは自己実現のツールではなく
神の計画、目的が実現するために行われるものです。

だから、宗教に入っても意味がなくて
自分と神の個人の関係を築いていくことが大切。

神の計画とは何か?

では、神の計画とは何なのか?

それは完全調和された世界の実現です。

その調和とは

①神との調和
②自分との調和
③他人との調和
④自然との調和

①神との調和

誰が心臓を動かしているのでしょう?
誰が地球を宇宙にポツン!と浮かしているのでしょう?
朝、日が登り、夜は月が昇る完全なる秩序は誰が保っているのでしょう?
体温はどうやって保っているのでしょう?
太陽ですか?太陽は誰が創ったのでしょう?
偶然でしょうか?進化論ですか?

目には見えなくても必ず存在する神がいて
その恵みによって僕たちは生きている訳です。

しかし、今の世の中は
サタンが創った「自分が神さまになろうゲーム」をやっているじゃないですか。

自分が法律になって
自分の都合のいいワクワクだけ取り入れて。

神との調和が崩壊しているから自分との調和が取れないのです。

②自分との調和

あなたは自分のことが好きですか?
大好きですか?愛されている実感はありますか?

じゃあ、なんでそこまでカラダを酷使して働くのでしょう?
なぜ、飢え乾く心を外の世界から補おうとするのでしょう?
なぜ、実績や肩書きや今まで頑張ったことをずっと握りしめているのでしょう?

自尊心の低下により自分のことを好きになれないのです。
そのため、他者から愛を奪って余計に溜め込んでる訳です。

あなたは男として生まれたしあなたは女として生まれたんです。

自分と調和できていますか?

自分と調和ができていないから他人と調和できないのです。

③他人との調和

目の前の人にどう思われるかが最大の関心事です。

目の前の人に何ができるかは関心事ではありません。

自分と繋がれていないと外の世界の人とつながることはできません。

④自然との調和

与えられた恵みを資源をどれだけ無駄にしているでしょうか?

すべての歪みは神との不調和からです。

それを回復することが神の計画です。

神の計画を知るために

もし、あなたが神を知りたいという欲求があるなら

引き寄せのセミナーに行くのではなくて
宇宙のセミナーに行くのではなくて
瞑想セミナーに行くのではなくて
ワクワクの法則を知る本を買うのではなくて
お金が貯まる金運アップ講座に行くのではなく

ネットでポチッ!と聖書を買いましょう!笑

キリスト教に入っちゃダメよ!

聖書を自分の目で読むんです。

宗教に入っちゃダメよ!

自分の目で神言葉を読むのです。

じゃあ、あなたの心の底で知りたかったことが全部書かれていますから。

あなたがたに言いますが、多くの預言者や王たちがあなたがたの見ていることを見たいと願ったのに、見られなかったのです。また、あなたがたの聞いていることを聞きたいと願ったのに、聞けなかったのです。ルカの福音書10章24節

多くの人が神を知りたいと思っていますが
世の惑わしや悪しきインスピレーションによって知れないようにさせられています。

みんな、「宇宙!」に行ったり「バシャール!」なんかにいっちゃいます。

多くの人が神により頼みたいと思っていますが
プライドが邪魔をして、神を信じてるなんか言ったら笑われると言って近寄れずにいます。

本当に聖書読んでみて!マジで面白いから!

まとめ

あなたには役割があって生まれてきた意味があります。

神があなたを特別にデザインしたのです。

あなたにしかできないことがあるのです。

それは神の計画の一部です。

しかし、自分のやりたいこと自分がやりたいようにやっていて
心が満たされることがあるでしょうか?

あなたはやるべきことをやっている時に一番輝くのです。

それが引き寄せの真実です。

神の計画の一部になることが引き寄せの真実です。

何かを努力して得ることでもないし
頑張って勝ち取ることではないんです。

すべてを委ねて与えられるものに感謝し
コツコツとこなしていくだけです。

あなたの道を主にゆだねよ。主に信頼せよ。主が成し遂げてくださる。詩篇37篇5節

「自分の計画がわからない?」
「神がいるかが信じられない?」
「何をすればいいのかわからない?」

わたしは、あなたがたに言います。求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかります。たたきなさい。そうすれば開かれます。だれであっても、求める者は受け、捜す者は見つけ出し、たたく者には開かれます。ルカの福音書11章8.9節

それは、まだ自分で生きていると思っているし
神なんかいなくても生きられると思っているし
心の底から求めていないわけです。

じゃあ、どうやったら求めるようになれるのか?

ズタボロにボコボコにされることです。

プライドを砕かれ、所有しているものをすべて崩され
どうしようもなくなって初めて心から求めることができます。

だから、今、辛い経験をしているあなたは幸いです。

心の貧しい者は幸いです。天の御国はその人のものだからです。
悲しむ者は幸いです。その人は慰められるからです。
柔和な者は幸いです。その人は地を相続するからです。
義に飢え渇いている者は幸いです。その人は満ち足りるからです。
あわれみ深い者は幸いです。その人はあわれみを受けるからです。
マタイの福音書 5章3-7節

弱くないと神を信じることはできません。

僕みたいに自分ひとりでは生きていけない弱い人間でなければ神に頼ることはできません。

“ですから私は、キリストのゆえに、弱さ、侮辱、苦悩、迫害、困難を喜んでいます。というのは、私が弱いときにこそ、私は強いからです。”コリント人への手紙 第二 12章10節

弱い時にこそ、強くなるのです。

だれでも、自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされます。マタイの福音書 23章12節

聖書は宗教本でもキリスト教徒が読む本でもありません。

あなたを創った神があなたのために書き送ったラブレターです。

神の計画も書いてるし
あなたがどう生きるべきかも書いていますよ。

読まない理由がないでしょ。

あなたを創った神があなたのために書いているんだから。

ぜひ、自分のやりたいことではなく
もっと大きなことのために生きましょう

じゃあ、必要なモノは全部手に入ります。