ついつい自分を責めてしまうあなたがやるべき”たったヒトツの秘密”
Pocket

生を良くしようと
努力したり、勉強したり。

自分を愛そうと
自分を赦そうとしたり受け入れようとしたり。

上手くいっている時は
自分のことを受け入れられている気がして。

でも、ズドーン!と深みにハマった時には
自分を責め、自己否定。

幸せな人生を送ろうと
自分を愛そうと努力しているのに
結局は、自分を否定している。

どれだけ頑張っても
また同じ自分に戻っているようで自己否定。

この繰り返しをしていませんか?

「頑張らなくても良い」

「ありのままでいい」

「そんなに頑張らなくていい」

「そうなんだろうけど…」
頭では理解していても反発する心。

気分の浮き沈み
感情の浮き沈みってしんどいですよね。

自己否定、自分を受け入れられない
自分を赦せない、

変わろうとしても
なかなか変われずに悩んでいるあなたのために書きました。

自己否定の根本原因

ある日のこと
僕は新しいiPhoneを買いました。

ガラスコーティングをして
iPhoneカバーをして大切に扱っていました。

しかし、購入してから2週間ほど経ち
「ガシャーン!!!!」と地面に落としてしまったのです。

画面を見てみると蜘蛛の巣状にひび割れが。

「あぁ〜、やっちまった〜」

幸い、破損箇所が小さかったので
修理せずに使い続けることにしました。

しかし、その後、購入当初のようにあった
iPhoneを大切にする気持ちはドンドンと薄れ
頻繁に落として携帯を傷つけても気にならなくなったのです。

人間は、新しいもの美しいものを丁寧に扱おうとします。

あなたもそんな経験はないでしょうか?

自分が買った購入ブランド品。
しっかりと保管して手入れして。

でも、一度傷がついたり破損したりすると
すっかりと手入れも保管もしなくなる。

人間には、傷ついているもの
破損しているものを壊したくなる心理があります。

この本質を探ると自己否定の根本原因が見えてきます。

それは「価値がある」と思えているかどうかです。

人間は「価値がある」と思えるものを壊そうと思いません。

価値あるものは
価値あるものとして保とうとします。

しかし、一度、傷がいったり破損し
「価値がなくなった」「価値が下がった」と思うと
ドンドンを傷つけたり壊したくなるのです。

あなたが、自己否定をし自分を責めてしまうのは
「自分には価値がある」と思えていないことに根本的な原因があります。

「自分に価値がある」と思えていると
自分で自分を傷つけることなんてしません。

「どうせ、自分なんて」

「こんな自分は価値がない」

この心の奥底にある「無価値感」によって
自分を責め、悩み苦しんでいるのです。

無価値感を解消する方法

価値を感じる方法は一つしかありません。

それはを感じることです。

こんな悲惨な実験結果があります。

生まれたての赤ちゃんを
お母さんから引き離して育てた実験です。

母親の愛情を受けずに1週間経つと
その赤ちゃんは衰弱してしまったのです。

“イエスは答えられた。「『人はパンだけで生きるのではない』と書いてある。」”ルカの福音書 4章4節

人間は愛がなければ生きていけないのです。

人間は愛がなければ生きていけないのなら
この愛をどのように育み、心を満たしていくかが問題です。

すべての問題は愛の欠乏にあります。

この愛を満たす方法は2つあります。

①外的要因
②内的要因

解説していきますね。

①外的要因

外的要因とは、目に見えるもので愛を満たそうとする行為です。

男性なら、成功したい!お金を稼ぎたい!と思うはずです。
女性なら、早く結婚したい!愛されたい!と思うはずです。

世の中には、見た目は多くのものを持っているように見える人はたくさんいます。

しかし、残念ながら
そう見える人ほど、多くのものを持っていません。

物質的に豊かに見えても
精神的に豊かであるとは限りません。

恋人を作る。
事業を成功させる。
結婚する。
お金を稼ぐ。

これら目に見える形で愛を補給していく。

これが外的要因によって愛を満たす方法です。

②内的要因

内的要因とは、目に見える世界とは関係なしに愛を満たす行為です。

それの最たるものは
自分が自分を心から愛している。
自分に自信があると心から思える状態です。

お金がなくても
恋人がいなくても
仕事を失敗しても
人生うまくいっていなくても

「自分の価値は変わらない」

心の底から
このように思えるかどうかです。

これを一般的に
自己愛とか自尊心と言ったりします。

さて、あなたは
どちらの方法で愛を満たしていますか?

すべての人が愛を満たすために行動しています。

もちろん、自分では愛を満たそうとしているなんて思っていません。

しかし、みんな心に愛がカラッカラだから
お金稼ぎたいし、恋人欲しいし、結婚したいんです。

あなたはどっちだろう?

満たしても満たしきれない”愛”

①外的要因
②内的要因

のどちらを選ぶかは個人の趣味です。

しかし、①外的要因で愛を満たそうとすると限界があります。

なぜなら、
自分の価値が外の現象によって左右されること。

「お金があれば価値がある。」
「上手く行っていれば価値がある。」
「恋人がいれば価値がある。」

この裏返しは

「お金がなければ価値がない。」
「上手く行っていなければ価値がない。」
「恋人がいなければ価値がない。」

また、どれだけ
その世界から愛を補給しても足りなくなってきます。

僕もありましたが
月収20万の頃は、40万あれば満足、と言ってました。

実際に月収40万になると
やっぱり60万はいるな〜

月収60万になると
月収80万は欲しいな〜

月収80万になると
月収100万ほしい

ってなっていきました。

残念ながら
どれだけ稼いでも満たされないんです。

となると①外的要因
愛を満たそうとするのは合理的ではありません。

多くの人が
このラットレースで苦しんでいます。

じゃあ、②内的要因で愛を満たせばいいのか?

答えは「YES!」なのですが
これが本当に難しいのです。

「ありのままの自分で価値がある」

「何もしなくても価値がある」

と頭でわかっていても
心ではそう思えないワケです。

「お金のない現実をみると価値があると思えない」

「どれだけ努力しても良くならない人生を見ると価値があると思えない」

「恋人ができず、他者から愛されない自分を価値ある存在と思えない」

そうですよね?

この葛藤で苦しんでいませんか?

どうすれば、この思考と心の葛藤を解消し
「自分には価値がある」と思えるのか?

その答えは
自分を超えた存在を知ることです。

圧倒的な宣言

まず、はじめに言っておきますが
自分で自分のことを愛することは不可能です。

どれだけ自分を愛そうと思っても愛せません。

その理由は
一番下に動画を貼っておきますのでそれを見てください。

自分を赦し、愛し、受け入れるためには

①自分を超えた存在がいることを知ること。
②その存在によって創られたことを知ること。

“私たちは神の作品であって、良い行いをするためにキリスト・イエスにあって造られたのです。”エペソ人への手紙 2章10節

大切なのでしっかり聞いてくださいね。

あなたは「神の作品」なのです。

もう一回言いますよ

あなたは「神の作品」なのです。

イメージしてください。

あなたは愛を込めて
ひとつのロボットを作りました。

あなたがデザインし
愛を注ぎ作った作品です。

あなたは素晴らしいロボットを作ったのです。

ある日、その最高傑作である作品のロボットが突然
「自分には価値がない。」
「自分は不完全だ。」と言い始めました。

あなたは最高傑作として作ったはずなのに
作られたロボットが勝手に他者と比較して
自分には価値がないと言い始めたのです。

どうでしょう?

作者、デザイナーであるあなたはどう思いますか?

あなたは価値ある最高傑作として作ったのに
作られた側がdisってるのです。ありえない。

これがあなたがやっていることです。

神はあなたを最高傑作として創造しました。
神は完全ですから不備も失敗もありません。

にも関わらず
あなたは神の作品を自分自身で汚しているのです。

この罪深さがわかるでしょうか?

神は聖書を通して
あなたを愛していると宣言しています。

“わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。”イザヤ書 43章4節

“私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。”ヨハネの手紙 第一 4章10節

僕たち人間が神を愛しているのではありません。

神は私たちを愛しているのです。

これ以上の言葉は必要でしょうか?

あなたは神の作品なのです。

だから、
神の作品を自分で傷つけるのはもうやめにしましょう

あなたはたったヒトツの詩

作品という言葉の意味はポエムです。

ポエムとはです。

言い換えると
あなたは「神のポエム」「神の詩」なのです。

神は目的を持ってあなたを創造しました。

その理由は、
「あなたを通して表現したいことがある」からです。

神は表現したいのです。
あなたを通して愛を表現したいのです。

そのためにあなたを創造し
目的を作り、特徴を与え、賜物を与えました。

神はあなたにしか表現することのできない役割を与えたのです。

あなたは何のために生きているのか?

それは
「神があなたを通して表現したいものを表現するため」です。

もし、あなたが歌の才能があるなら
神はあなたを通して歌という形で愛を表現したいのです。

もし、あなたが絵を書く才能があるなら
神はあなたを通して絵という形で愛を表現したいのです。

もし、あなたが人の話しを聞く才能があるなら
神はあなたを通して人の心を和らげるおちう形で愛を表現したいのです。

この世は、愛を満たすためにあるのではなく
愛を与えるためにあるのです。

人間は自分のことばかり考えています。

自分がどうすれば良くなるのか
どうすれば幸せになるのかばっかり。

残念ながら
そもそもの土台が大間違いです。

愛を満たすために生きているのではなく
愛を表現するために生きているのです。

じゃあ、あなたに与えられた
神が表現したいことは何なのか?

それは、また会った時に教えます。

愛が枯渇する理由

人類は愛が枯渇した人で溢れています。

他者から外部から愛を補おうと必死です。

それは

「神に愛されている」
「神の作品である」
「神のポエムである」

という認識がないからです。

なぜ、僕たち人間は
愛が枯渇してしまうのか?

それは

「自分のやりたいことをやりたいからです。」
「自分の好きなことをやりたいからです。」

ここに自己啓発やスピリチュアルが教えてくれない真理があります。

もう一度いいます。

ここに自己啓発やスピリチュアルが教えてくれない真理があります。

自己啓発やスピリチュアルは自己実現を目指させます。

「自分の好きなことをしよう」

「自分のやりたいことをしよう」

残念ながら、ここに真の幸福はありません。

僕らは自分のやりたいことのために生きているのではないし
自分の好きなことをするために生きているのではありません。

僕らは神の作品であって
神が表現したいことを表現するために生きているのです。

だから、あなたが目指すべきは
自己実現ではなく神実現なのです。

世の中に騙されちゃいけませんよ。
自己実現にはお金も時間も掛かるし
ただのお金稼ぎのビジネスですから。

早めに目を覚ました方がいい。

いつまで自分の夢を追っかけてるんですか?
いつまで自分のやりたいことをやってるんですか?

まとめ

あなたが自分を責めてしまう理由

それは「自分のは価値がある」と思えていないから。

なぜ、自分に価値があると思えないのか?

自分を超えた存在によって創られたいことを知らないから。

じゃあ、どうすれば自己否定が無くなるのか?

あなたは「神の作品」であることを知ること。

神によって創られた最高傑作であることを知ること。

そして、他者と比べる必要はない。

あなたと神との関係です。

神にだけ理解されていればそれでいいんです。

周りの人に認められる必要なんてありません。

神から愛され、神の恵みを受け取っていれば
人にやさしくできるし、与えることができるのです

究極的な答えです。

スピリチュアルや自己啓発では教えてもらえないことです。

だから、スピリチュアルをやっても出口がないし
自己啓発に投資しても終わりがないんです。

ずっとみんなセミナージプシー
ずっとみんなスピリチュアル難民。

“あなたの道を主にゆだねよ。主に信頼せよ。主が成し遂げてくださる。”詩篇 37篇5節

人間の変わる愛を求めるのではなく
神からの変わらない愛を受け取ってください。